一軒家の売却で損しない方法/東京地域別編

このページは、一軒家売却で損しない方法をお伝えしていきます。そうはいっても、地方と都心では不動産の価格は大きく異なります。

 

そのため、ここでは東京都全域で不動産売却の損しない方法についてお伝えしていきます。現在の東京都は、オリンピックで不動産はバブル状態です。

 

特に東京23区内の一軒家は、軒並み値上がりしています。その背景には、東京でオリンピックが行われるので海外の不動産投資家。あるいは、不動産ファンドといった人たちが買いすすめているために大きな値上がりをしています。

 

現在の不動産価格水準は、リーマンショックの前を超える価格をつけているところもあります。そのため、一軒家をバブルが崩れる前に売った方がよいケース。

 

その逆に、リーマンショック以降ずっと下がり続けている今後も上がることが予想されないために売る方がいいケース。値上がりしているところと値下がりしているところの2極化が進んでいます。

 

東京都内の現在は、そんな状況になっているのです。どちらにしても、一軒家を売ることを考えた方がいい時期になってきています。

バブル崩壊前に売却査定ならコチラ

下がり続ける一軒家を無料査定はコチラ

 

あなたの一軒家の売却相場

東京都内の不動産は、現在バブルで上昇しるいる地域。それと、リーマンショック以降オリンピックバブルは関係なく下がり続けている地域の二極化が進んでいることをお伝えしました。

 

では、あなたが実際に売ろうと考えている一軒家はいったいどちらに分類されるのでしょうか。ここでは、東京都内の各地域について、現在の不動産の動向・相場を紹介していきます。

 

下記にリンクを貼っていますので、あなたの売りたい不動産のあるところを確認してくださいね。相場やどのように売るべきか。そういったことが詳しく解説されています。

 

●東京23区の一軒家売却相場

 

東京23区

中央

杉並

千代田

大田

渋谷

荒川

新宿

墨田

豊島

江東

台東

板橋

目黒

練馬

文京

江戸川

品川

葛飾

中野

足立

世田谷

 

●東京23区以外の一軒家売却相場

 

東京23区以外の市町村

武蔵野

清瀬

三鷹

日野

立川

東村山

小金井

昭島

国分寺

福生

調布

東大和

国立

八王子

府中

羽村

狛江

武蔵村山

西東京

青梅

小平

あきる野

町田

瑞穂町

多摩

日の出町

東久留米

奥多摩町

稲城

一軒家の売却でローン残債あり場合

あなたが持つ一軒家の相場がこれまででわかったと思います。しかし、まだハードルが残っていると思います。それは、住宅ローンを組んでいるので家を売っても問題ないか不安ってことです。

 

これは、現在すでに家をもっているあなたであれば相続で売ろうとする以外の人は悩むところです。もし、無事に売れたとしても住宅ローンの返済ができなかったらどうしよう。そう考えますよね。

 

実際に、マイホームやマンションが売れてローンがなくなることが一番キレイにいきます。あなた自身も借金がなくなり、きれいな気持ちで新しいスタートを切れることでしょう。

 

しかし、住宅ローンの残債があるからといって一軒家が売れないかと言うとそんなことはありません。あなたが売りたいと思っている一軒家は、金融機関の担保(抵当権)になっているでしょう。

 

だから、多くの人は住宅ローンを全額返済しなければ売ることができないと思ってしまいがちです。しかし、そんなことはほとんどありません。売った後にあなたがマンションを購入する。

 

あるいは違うマイホームを購入するのであれば、新しい家にローンの残債分の抵当権が追加されることがほとんどです。なので、ローンの残債があるからと言って売れないわけではありません。

 

今後、どんどん値下がりが予想される。あるいは、バブルが崩壊する可能性が高いのですからタイミングを間違えるとローンの残金はもっと大きくなります。

 

今の一軒家から移りたい理由としっかりと比較して住み替えを検討するべきになるでしょう。まずは、ローンのことをあらかじめ金融機関の担当者に相談しておく。

 

そうすることで、一軒家が売れたときの抵当権の抹消という手続きがスムーズにいきます。家を売るのであれば、高い時に売却できるタイミングを逃さないようにしましょう。

 

一軒家の売却査定は重要なポイント

これまで、一軒家を売って損しないために、あなたの家の地域の相場がどのようになっているのか。ローンの残債があっても売ることができる。住み替えできるということをお伝えしてきました。

 

損しないためには、もう一つ大きなポイントがあります。それは、複数の不動産屋とかかわりをもつということです。一つの不動産業者にだけ依頼してしまうと高く売れません。

 

なんでもそうですが、競争することで初めて価格というのは高くなります。なので、あなたの家についても不動産会社が競争することによってはじめて高く売れるのです。

 

そもそも、家の査定というのは100万円や200万円ぐらい不動産屋によって当たり前のように異なります。なので、なるべく高く売りたいのであれば複数の業者に査定をお願いするべきです。

 

また、不動産会社は時間的余裕がない売主については足元をみることがあります。自分のところでしか売れない契約というもの(専任媒介契約)を結んでわざと相場より安く売ります。

 

そうすることで、買い主から(両手)の手数料をもらうことができたり、提携する買取業者に売ることで不動産屋は、儲けを倍増することができるのです。

 

しかし、それらのことは複数の不動産会社と契約していれば起こりえません。不動産会社を一つに決めてしまうからそのような事態になってしまうのです。競争の原理で高く売ることができる。

 

しかも、不動産営業の担当者にすぐに価格を下げるように言われなくなる。そのようなメリットが享受できる複数の査定に申込むことが一軒家売却で損しない第一歩になるのです。

損しなための複数業者の無料査定ならコチラ

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

一軒家を高値で売れる無料査定はコチラ

家を高く売るにはどうしたらいい

家を今すぐに売りたいと思ってもなかなか売れません。かといって、借家にして賃貸に出すのがいいのかと言われるとそれも難しいです。入居者が常に入居しているわけでありませんから、なかなか難しい。

 

しっかりと、勉強して事業として賃貸に出すのであればまだいいのですが、単純に短期の支払いと収入をみて賃貸に出すのはとっても危険です。大家さんになると、修繕なども自分でしなければなりません。

 

場合によっとは、リフォームやリノベーションをしなければならないのです。そのため、想像以上にお金もかかるしマンションや戸建ての賃貸は、入居者が1かゼロのどちらかです。収入も100かゼロのどちらかです。

 

そのため、アパートのようにたくさん部屋があるのと異なり経営が難しいというのが一般的な業界の通説です。詳しく賃貸に出すメリットやデメリットについては、下記に記事にしてまとめています。賃貸を考えているあなたはご覧くださいね。

一軒家を賃貸に出すメリット・デメリット!

 

では、一戸建てや中古マンションを高く売るためにはどうしたらいいのか。そういった疑問がわいてきますよね。そもそも、あなたはなぜその一軒家を売りに出すのでしょうか。

 

中古住宅や中古マンションを買おうかなって思っている買い主は、なぜ売りにだされているのかというのをすごく気にしています。例えば、子供が大きくなり手狭になったという理由なら、自分も手狭になるのではないか?

 

そう思うものです。内覧のときに、買い主が質問して手狭になったと答えるとかなりの確率で買う側の気持ちが低下します。そういった細かな点をしっかりと抑えていかなければなりません。

 

また、内覧や「見学に訪れたお客様に対してどんな対応をすればいいのかというのはなかなか難しいものです。人生の中で1度しかないようなことですから、簡単なようですごく難しいものです。

 

買い主の気持ちになればわかると思いますが、マンションや戸建ての住宅を購入というのは一生で一番高い買い物です。家族みんなで暮らしていく幸せの空間です。そのため、しっかりと選択し最高の買い物にしたいと願っています。

 

売る側もその買い手の気持ちを理解した上で販売しなければなりません。販売するマンションや家の説明をしっかりとでき、生活の場として最適な空間であると買い手に思ってもらい不安な所のすべてを解決しなければなりません。

 

そのためには見学会(内覧)が最も大切なポイントになります。それらの対策をどのように行えばよいのか。その秘策を下記にまとめて解説しています。

一軒家を高く売る6つの秘策!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です