三鷹市で一軒家を売りたいあなたはコチラ!

このページは、東京都三鷹市一軒家売りたい。売却したいと思っているあなたのために、現在の相場や高く売る方法などについてお伝えします。また、三鷹市で一軒家を売るときに損しないためにはどうするのか。

 

査定はどんなところにお願いすればいいのかについてもあわせてみていきます。現在、オリンピックの影響もあり東京都内の一軒家については、ほとんどの地域でたくさんの不動産屋が欲しがる物件になります。

 

なので、三鷹市で一軒家を売りたいあなたは、高く売りたい気持ちを当然もつと思います。その気持ちと共に損しないという気持ちを持つことも大事になってきます。

一軒家が損せず売れる無料査定はコチラ

すまいValue

2320

高額査定続出の一軒家査定はコチラ

三鷹市の不動産相場

東京都三鷹市と言えば、太宰治などの文豪が慣れ親しんで住んだ場所として有名ですよね。東京都内でも自然の残っている場所として人気があります。不動産についても、綠があることからとても人気が高い地域になっています。

 

東京都23区を入れても都内で人気がある方だと言えます。地価でいうと、高いほうから数えて全国21位という上位に位置づけています。このランキングの中には、東京23区も入っていますので、その中で21位というのはすごく高いですよね。

 

そう思ってもらった間違いないです。三鷹市の平均の地価は、坪単価162.9万円1㎡単価49.2万円となっています。三鷹市の中でもっとも地価が高いのは下連雀(しもれんじゃく)です。坪単価256万円、1㎡あたりの単価77.4万円になっています。

 

次いで、2位が三鷹駅、3位が井の頭公園、4位が武蔵境、5位が久我山と上連雀(かみれんじゃく)が同じ金額で並んでいます。地価の金額については、下記に表で5位までまとめていますのでそちらを参考にしていただけたらと思います。

 

三鷹市も決して売れない場所ではありません。一軒家が売りたいと出た場合には、かなりよく売れる地域になっていますので売りたいと思っているあなたもご安心してくださいね。

 

地域 ㎡/万円 坪/万円

下連雀

77.4

256.0

三鷹駅

71.5

236.5

井の頭公園

52.7

174.2

武蔵境

47.2

156.3

久我山

46.9

155.0

上連雀

46.9

155.0

全国1位の東京都中央区と比較すると、桁が一つ違いますがそれでも三鷹市もすごく地価が高い地域になっています。5位の上連雀のところまでは、坪単価が150万円を超えてきているので一軒家を売却となると大きな金額になることは間違いありません。

 

そうはいっても、ずっとこの高い金額で推移してきているのか。今後どのように変化していくのかについてもみておかないと判断が難しいですね。

 

三鷹市の不動産価格相場の推移

今後、三鷹市の不動産市況がどのようになっていくのかを知るために地価の推移についてここではみていきたいと思います。必ずしも地価の価格とあなたの一軒家が売却される価格は異なりますが、一つの目安として参考にはなります。

 

もちろん地価があがっていけば一軒家の価格も高くなる傾向がありますので、そういった意味で参考に三鷹市の地価の推移についてもごらんください。

 

年数 ㎡/万円 坪/万円

2005

42.7

141.2

2006

42.9

142.0

2007

46.3

153.1

2008

50.3

166.5

2009

46.0

152.1

2010

43.7

144.6

2011

43.1

142.7

2012

42.9

141.8

2013

42.8

141.7

2014

49.8

164.6

2015

48.8

161.5

2016

49.2

162.9

三鷹市の地価の推移をみるとわかりますが、ほかの東京都内に比べると価格の上下が比較的少ない地域になっています。ここ10年で最も高かったのは、2008年でリーマンショック前の価格がもっとも高くなっています。

 

リーマンショックが起きてからは2013年まで下がり続けています。2014年に大きく上げてからは横ばいという状況になっていますね。リーマンショック前の水準にほぼ回復しています。

 

まだ超えてはいませんが3年間そんな状況がつづいているのがわかります。3年間高値圏で推移していますので、今後、東京オリンピックのバブルがはじける可能性があるのでこわいところです。

 

特に、高値で売れる下連雀、三鷹駅、井の頭公園近くなどについては注意が必要でしょう。ただ、三鷹市のいいところはリーマンショックが起きたときも、他の東京の都市に比べそこまで大きく値を下げていないというところです。その点については安心できます。

 

三鷹市の一軒家は今すぐ売るべき?

そうはいっても坪単価で14万円変化していますのでこの金額は大きいですね。なので、バブルがはじけても大丈夫なようにあらかじめ準備をしておくことは大切だと思います。

 

500万円ぐらいの損失は余裕ででてしまいます。三鷹市においても、すでにリーマンショック前の水準まできていますので、バブルがはじける前に売っておきたいところです。

 

そうしないと、500万円はおろか1000万円以上の損失を覚悟しなければなりません。なので、オリンピックまでにはこのバブルは必ず崩壊するので、ここ1年以内で売っておくことをおススメします。

 

またどんな不動産屋に売却査定をしてもらうべきかというと、三鷹で不動産屋を営むところです。一軒家というのは8割以上が同じ地域に住む人が買っているという統計があります。

 

そのため、買ってくれそうなところを知る地場の不動産屋に査定をしてもらうことをおススメします。間違っても大手だからという理由で大手を選ぶことはないようにしてくださいね。

 

ただ、高く売るためには地場の不動産屋1つだけにお願いするのは、損する最も大きな要因です。下記のサイトのように、複数の不動産から売却査定をお願いできるようなところを利用することをおススメします。

 

そうすることで、地場の不動産屋が提示する価格やあなたの一軒家が売れる相場というものがわかってきます。オリンピックバブルがはじける前に売ることが損失を防ぐことになります。

 

だからこそ、三鷹市一軒家売りたいと思っているあなたは、今すぐ不動産査定だけでもしてもらっておきましょう。今から1年が損しないために、高く売るための勝負になります。

一軒家を損せず売るための無料査定はコチラ

すまいValue

2320

三鷹市の一軒家査定はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です