千代田区の一軒家売却で損しないでください!

このページは、東京都千代田区一軒家売却を考えているあなたが損しない方法についてお伝えしていきます。なので、千代田区一軒家売却しようとしているあなたがつまずくポイント。

 

損してしまうことが多いところなどを現在の相場などとあわせて一緒にみていきます。その上で、どのように一軒家を売却していけば損せず売却できるのかを詳しく解説していきます。

 

都会の一軒家については、たくさんの不動産屋が利益のために狙っている物件になりますのでこの記事を読んで十分に注意しましょうね。そうしないと、知らない間にあなたは大きな損をしてしまうでしょう。

損しないための無料査定はコチラ

売却のプロ6社の無料査定はコチラ

千代田区の不動産相場

東京都千代田区については東京23区の一つとして、首都圏に住むものだけでなく全国的に人気のある地域になります。そのため、売り出すとすぐに売れてしまう。そんな地域です。

 

相場も全国的に見てもかなり高いですね。地価は平均で1㎡あたり575.7万円と日本の市町村の中で第2位につけています。坪単価1903.3万円になります。わずか1坪でこの価格はとても高いですね。

 

全国で2番目に高いので、価格もグングン上昇してきています。特に丸の内周辺では、2570万円/㎡、8495万8677円/坪という金額になっています。

 

千代田区の中で地価2位は、東京駅周辺です。こちらは、1862万1250円/㎡、6155万7851円/坪もすごく高い値段になっています。ちなみに、3位が大手町、4位が有楽町、5位に日比谷が入っています。

 

この5位までのところが1㎡あたり1000万円を超えてくる価格になっています。さすがに、日本で2番目に高いところといったところでしょうか。千代田区の5位までの価格をまとめたのが下記になります。

 

 

地域 ㎡/万円 坪/万円

丸の内

2570.00

8495.86

東京駅

1862.12

6155.78

大手町

1719.80

5685.28

有楽町

1682.00

5560.33

日比谷

1184.00

3914.04

 

千代田区の不動産価格相場の推移

千代田区は、全国で2番目に高いことがわかったと思います。特に、丸の内や東京駅近郊はすごくたかい。そうは言っても、地価の推移はどのようになっているのでしょうか。ずっと上がっているのでしょうか。

 

それとも、一時的に上がっているのか。それとも下がっているのか。横ばいの状態なのか。そのあたりを千代田区全体の平均でみていきたいと思います。相場をつかむために、どのように推移しているのかみていきましょう。

 

 

年数 ㎡/万円 坪/万円

2005

313.84

1037.50

2006

340.04

1124.12

2007

406.30

1343.17

2008

462.45

1528.78

2009

435.00

1438.03

2010

395.85

1308.62

2011

384.54

1271.21

2012

374.08

1236.64

2013

399.00

1319.03

2014

438.29

1448.91

2015

487.57

1611.81

2016

513.50

1697.55

2017

575.70

1903.30

2005年から2008年までの間については、すごい勢いで地価が上昇しています。これが、リーマンショックによって2009年から2012年まで下がり続けています。

 

しかし、最近はすごい勢いで上昇しています。リーマンショック前の水準を地価が超えてきています。これが、現在東京オリンピックのバブルと言われるゆえんであります。

 

もちろん、地価イコール一軒家の価格が高く売却できるわけではありません。しかし、指標としてはかなり参考になります。ピークが東京オリンピックまで持たないという噂も信憑性がないわけではありません。

 

この千代田区の不動産価格の上昇は、海外の投資家がオリンピックが行われることを見越して投資をしているためです。オリンピック前に一気に売り抜けることを考えると、いつバブルがはじけてもおかしくない状況です。

 

千代田区の一軒家売却で損しないために

間違いなく言えることは、2020年の東京オリンピックまでの間しかこのバブルは続かないということです。住み替えするにしても、相続で譲り受けた一軒家売却するにしてもとても危険な水準になってきています。

 

そのため、少なくとももうそろそろ売却の準備をしておく必要があります。ただ、一つの不動産屋だけで千代田区一軒家売却するのはとても危険です。なぜかというと、不動産屋は千代田区の一軒家となったらそのまま売り出したくないからです。

 

千代田区の一軒家を売却するのであれば、不動産屋がその一軒家を買い取りたいと思っています。仲介よりも買取りは、30%以上安く買いたたかれることになります。不動産業者は、買い取った後に家を解体して分筆をし、新築を建売する。

 

それが不動産屋がフルコースで儲ける方法です。そういったことを千代田区の一軒家を売却となると、絵に描くのです。そのことで、あなたは一軒家を相場の3割以上安くされてしまうのです。

 

買い手がなかなかつかないと言い、なんとか値段を下げていこうとするのです。あなたが自分の一軒家を安く買い叩かれないためには、複数の不動産屋で査定を受ける必要があります。

 

たくさんの不動産屋に、売却査定を依頼することでそういった不動産屋が絵を描けなくなるのです。契約は、専任媒介契約ではなく一般媒介契約を結び複数の不動産屋とつながりをもっておくことが大事です。

 

そうすれば、千代田区という巨大なマーケットで損をすることなく一軒家を売却することが可能になるのです。オリンピックまで残り2年程度ですので、一度あなたの一軒家を査定する。

 

そして、ゆったりと複数の不動産会社と関係をもっていく。そのことが結果として、あなたの資産を守ることになります。期限があるとどうしても不動産屋に足元をみられてしまいます。

 

そうならないために、東京オリンピックまでの間に複数の不動産屋と接触をはかり売却していくことをおすすめいたします。私は、あなたに損しないでほしい。そのために、下記の無料査定をはやめに受けることをおすすめします。。

売却のプロ6社の無料査定はコチラ

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

損しないための無料査定はコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です