日の出町の一軒家売却で損しないでください!

このページは、東京都西多摩郡日の出町一軒家売却したいあなたに損しない方法や現状の日の出町の不動産価格をお伝えしています。また、日の出町一軒家売却したいんだけどなかなか売れないんだよねというあなたにも参考になる内容になっていることをお約束いたします。

 

日の出町の一軒家については、決して売れないという地域ではありませんのできちんと対策をたてながら、損しないように売却しましょう。

損しない無料査定はコチラ

損せず複数会社の査定ならコチラ

すまいValue

2320

一軒家売却のプロの無料査定はコチラ

日の出町の不動産相場

今、東京都内は空前の不動産バブルの状況を呈しています。10年間に1度あるかないかのような大きな不動産バブルがやってきています。

 

ただこれは、日本経済がよくなっているというよりは、東京オリンピックが開催されるために海外の不動産投資家たちが東京の土地をあちこち買っているというのがバブルの原因です。

 

そのため、東京オリンピックといういわば期限付きの不動産価格の上昇になっています。このタイミングを逃すと、一軒家を売却するにしても大きく価格が下がってしまうので注意が必要です。

 

では、現在の日の出町の不動産価格はどのようになっているのでしょうか。あなたが損をしないために目安として知っておきましょう。一つの目安となる地価平均は、坪単価25.6万円1㎡7.7万円になっています。

 

東京という大都会で見ると、すごく安いように感じられてしまいますが全国の市町村でみると1732市町村中240位に位置づけていますので、決して安いというわけではありません。

 

日の出町の中で特に価格が高い地域は、武蔵引田で坪単価は31.6万円になります。1㎡あたりだと、9.5万円という価格になっています。2位が武蔵増戸で、坪単価28.9万円で1㎡あたり8.7万円です。

 

坪単価30万円というと、中核都市なみの価格なので決して安いわけではないと言えるでしょう。では、日の出町の不動産価格の推移はどのようになっているのでしょうか。

 

現在、東京オリンピックのバブルで23区内などは値上がりがすごいですが日の出町もその価格の推移をみていきましょう。そうすることで、今が売り時なのかどうかの判断がつきます。

 

日の出町の不動産価格の推移

日の出町は、東京都心からは離れていますが地価平均では坪単価が25万円というまずまずの価格になっていることがわかります。そこで、みておく必要があるのがこれまでの価格の推移です。

 

激しい値動きになっているのか、それとも安定して推移しているのか。現在は、上昇中なのか。下落中なのか。そういったところを約10年間にわたる推移からみていきます。

 

地価は、必ずしもその価格であなたの一軒家が売れるってわけではありませんが今が上昇しているのか。売り時なのかの参考にしていただけたらと思います。

 

年数 ㎡/万円 坪/万円

2005

8.5

28.1

2006

8.3

27.6

2007

8.4

27.9

2008

8.6

28.6

2009

8.2

27.3

2010

7.7

25.5

2011

7.6

25.1

2012

8.1

26.7

2013

8.0

26.5

2014

8.1

26.9

2015

7.3

25.5

2016

7.7

25.6

この表を見るとわかりますが、日の出町についてはあまり値動きが多い場所ではないということがいえます。不動産価格がとても安定しているといえるでしょう。

 

もっとも高くなっているのがリーマンショック前の2008年。これについては、東京都内のほとんどと同じようになっています。しかし、リーマンショック後も大きく価格が落ちていないというのが日の出町の特徴になります。

 

現在、東京都内はオリンピックの関係でバブルのような高値をつけているところが多いですが、日の出町については横ばいの推移となっています。なので、比較的慌てて売却しなくていい場所ということです。

 

例えば、リーマンショックで大きく値を下げているようなところはオリンピックバブルがはじけると大きく値が下がることが予想されます。しかし、その点については日の出町は安心できますね。

 

推移を見ても現在がバブルの状況にはなっていませんし、リーマンショック後についても価格は多く下がっていません。ということは、いつまでに売却しなければならないというものがないのでゆっくりと高値で一軒家を売却できるということです。

 

日の出町の一軒家売却で損しない方法

日の出町の場合は、急いで売却を決めなければならないのでじっくりと腰を据えて一軒家の売却活動ができます。もちろん、早く売れることにこしたことはないですが焦りは禁物です。

 

不動産業者は、焦っている人につけこんで一軒家を買い叩きますので、じっくり売却を待つことができる日の出町については不動産屋にあおられ安値で売るということをしなくてすみます。

 

不動産屋に、どんどん価格を下げられるようなことがないように注意しましょう。そして、もう一つ大事なことはいろんな不動産屋と一般媒介契約をすることです。

 

一つの不動産屋に任せてしまうと、売れなかった場合にはすぐ安値でという話をされてしまいます。また、不動産屋の競争もないため値段がどうしても安く査定されてしまいがちです。

 

複数の不動産屋にお願いするということはそれだけ、売れる確率も上がるということです。おススメは地場で活動している不動産屋です。大手の場合は、専任媒介契約でないと嫌がるところがあります。

 

しかし、専任媒介契約にしたら損する可能性がとても高くなります。売れなかったらすぐ値段を下げて買い叩くということをやるためです。なので、おススメは地場の中堅あたりの不動産屋を選ぶことです。

 

下記であれば、最大6社の不動産屋があなたの一軒家を無料で査定してくれます。その中から、あなた自身にあう不動産会社に絞ってお願いしていけばいいでしょう。損せずに高く売却するためには絶対に活用しましょう。

損しないための無料査定はコチラ

損せず複数会社の査定ならコチラ

すまいValue

2320

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です