マンションの住み替え費用はどれくらいかかるの?

このページは、マンション住み替えにかかる費用についてお伝えします。マンションの住み替えについては、費用が最も高いハードルになりますので、わかりやすく解説していきたいと思います。

 

独身の時、結婚をイメージして購入したマンションも結婚して、子供ができると思いの外使い勝手がよくないものになりますよね。想像していた以上に手狭になることがよくあります。

 

そこで、あらためてマンションの住み替えを考えたときに心配になるのが、費用ですよね。そこで、マンションの住み替え費用がどれくらいかかるのか調べましょう。

 

住み替えをする場合、マンションを売却と購入をほぼ同時期に行う必要があります。それにともなって、当然移動も必要になってきます。そうなると引越し費用などもかかり費用はかさみますよね。

 

マンションの住み替えにあたって、主にかかる費用は3つです。マンション購入費用、マンション売却費用、引越し等の費用が発生することになります。それらについて順番にみていきます。

 

マンション購入の費用

3つの必要な費用の中から、まずはマンションを購入に対する費用からみていきましょう。一度、マンションを購入した経験があるので、マンションを購入したときの費用を思い浮かべてみていきましょう。

 

マンションの購入に際して、不動産会社にお世話になったとしたら仲介手数料が掛かりましたよね。3000万円のマンションなら、仲介手数料だけで、96万円+消費税が掛かります。

 

これは、不動産業者に対する仲介手数料の上限が法律で定められているからです。上限なので安くなるのは問題ありませんが、この金額にプラス消費税以上の費用がかかることはありません。

 

物件の金額 仲介手数料
200万円以下 5%
200万円超400万円以下 4% +2万円
400万円超 3% +6万円

この他に、マンションの購入に関する契約書類(購入契約・ローン契約)に添付する印紙代、登記費用(登録免許税・司法書士の手数料)、引越し代等がありました。また、1年後に突然通知が送られてきて驚く不動産取得税もあります。

 

マンション購入時には、諸費用の合計として購入額の10~15%程度の用意は必要となります。具体的に、どんな費用が必要になるかについては一覧にしてまとめていますので下記をご覧いただけたらと思います。特に忘れがちな不動産取得税には注意しましょう。

 

マンション購入でかかる費用
マンション購入代金
ローン保障費用
ローン事務手数料
不動産会社の手数料(購入のため)
印紙代(購入契約・金銭消費貸借契約)
引越し代
登記費用(登録免許税・司法書士手数料)
保険費用(火災保険・地震保険)
不動産取得税

 

マンション売却時の費用

マンション売却時には、購入時と異なる費用が必要となります。そのため、マンション売却時に支払いが必要なものを以下に一覧にしてまとめていますのでご覧ください。

 

マンション売却でかかる費用
不動産会社の手数料(売却のため)
抵当権抹消登記費用
繰り上げ返済の手数料(残債の2%程度)
管理費・固定資産税の清算
印紙代(売却契約)

 

不動産会社の手数料については、先ほど購入の際に説明した表のとおりとなっています。売却でも多くの場合は、3%+6万円+消費税になります。マンションの購入も売却も不動産屋への支払い手数料が最も高い諸経費になります。

 

また、住み替えの場合は、売りと買いがほぼ同時になりますので同じ不動産屋に任せることが一般的となっています。そのため、あなた自身がほんとうに信頼がおける不動産会社をパートナーとして依頼しましょう。

 

不動産会社の選択を間違うと、質問したいときになかなかできないといったようなことが起きてしまいます。そうなると、一生に何度もないマンションの売却や購入で失敗してしまいますので注意してくださいね。

 

仮住まい・荷物保管・引越しの費用

引越し等の費用については、マンションの売却と購入をどの順番に行うかで異なります。購入を先に行うと、仮住まい費用や荷物保管料は、不要となります。また、引越し費用も1回分となります。

 

しかし、新居となるマンション購入費用が、マンション売却で入って来るお金がまだ手元にないために、つなぎの融資が必要となる可能性が高いです。

 

売却を先行すると、仮住まい費用、荷物保管料、引越し2回分の費用が必要となりますが、つなぎ融資は必要ありません。そのため、メリット・デメリットがどちらにもあります。

 

売れるかどうかわからないという問題や、住宅ローンの支払いなどを考えると、特別な事情がない限りマンションの住み替えは売却を先行した方がリスクは少ないです。

 

マンション住み替え費用まとめ

マンションの住み替えは、売りと買いをほぼ同時に行うために手間と費用が掛かります。しかし、より理想とする住まいを現実に手に入れるために検討していきたいものです。

 

法律で決まっている費用のディスカウントは無理ですが、情報伝達の発展で、不動産会社の手数料などは上限での手数料を取らない会社もでてきています。

 

そういったことについては、相談の段階で確認しておく必要はあるでしょう。そうすることで、予算をしっかりと見積もることができマンションの住み替えも安心して行うことができるのです。

 

信頼できる不動産業者と協力し、マンション住み替え費用を考慮しながら理想の住まいをつくっていければ最高ですよね。もし、信頼できる不動産屋がいないのであれば、マンション専門のコチラでご相談してみてください。

住み替えに強い不動産屋はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です