マンションの売却査定価格を自分で簡単に知る方法

今回は、マンション売却査定価格を自分で簡単にしる方法について解説していこうと思います。実際に、不動産会社が行っているマンション売却査定の方法をお伝えいたします。

不動産業に携わっていないあなたも、予想以上に簡単に売れる価格を知ることができます。なので、マンションの売却を考えているあなたにとっては、必見の内容になります。

マンション査定に使う方法

不動産査定をする際に、利用する査定方法というのは大きく分けて3つあります。

不動産査定方法
①原価法
②取引事例法
③収益還元法

不動産査定は、大きくわけでこの3つの手法になります。①の原価法というのは、中古の戸建てに主に活用します。新築からどれくらいの期間がたっているのか。

再調達価格は、どれくらいなのかといったことを考えて評価する方法です。簡単な計算方法がありますが、マンション査定には、使わないので今回はその計算方法は割砕します。

 

2つ目の取引事例法ってのは、読んで字のごとく周辺の取引事例をもとに不動産を査定する手法になります。取引事例法は、マンションの査定や土地の査定に利用されることが多いです。

なので、今回はこの取引事例を調べる方法についてお伝えします。ちなみに、③の収益還元法は不動産投資をしている場合などに利用される査定方法です。

 

マンション査定については、どこの不動産業者も基本的に取引事例法を利用しています。なので、ここからはレインズが見れない一般の方がどのように過去事例を見るのか解説していきます。

取引事例をネットで簡単調査

ここまでに、マンションは取引事例法で価格査定をすることをお伝えしてきました。そこで、ここからはどのように取引事例を見ていくか紹介いたします。とても簡単なので、びっくりすると思います。

今回は、事例として東京都中央区にある「センチュリーパークタワー」というマンションで見ていきます。利用するのは、マンションマーケットというというサイトです。

 

マンションマーケットを開いたら、ずっと下の方に降りていきマンションを探すの所にいきます。今回は、人気のエリア中央区をクリックします。

中央区のところをクリックすると、次の画面が出てくるのでここにマンション名を入力して検索をかけるとセンチュリーパークタワーが検索できます。中身をみていきましょう。

クリックして、ずっと下にスクロールするとこんな画面が出てきます。ここを見てもらえれば、過去の売買事例が誰でもわかるようになっています。

いつ売りに出されて、いくらで売れたのか。階数は、何階から何階の間なのか。面積はいくらあるのか。方角はどちら向きなのか。リノベーションはされているのか。

すべては、ここに情報が掲載されています。センチュリーパークタワーの場合は、かなりばらつきがありますが不動産業者もこの価格を参考に査定を出します。

 

センチュリーパークタワーは事例としてあまり良くなかったので、もう一つ別のマンションの取引事例を確認してみましょう。私が現在住んでいる愛媛県松山市の「ヴェルシェーナ東石井」というマンションです。

こちらの方が事例としてはわかりやすいですね。2020年10月に1990万円、1890万円で売却されています。2020年9月にも1990万円で売れていますよね。

こうやってみると、不動産業者が査定を出してくるのは2090万円~1890万円の間になる可能性がたかいです。高い階数であれば、もう少し上がるかもしれませんが基本この枠の中になります。

 

もちろん、リノベーションする必要があるのかどうなのかによっても価格は変わってきますが、誰が見てもわかりやすいですよね。

一括査定をする前に

今回は、マンションマーケットというサイトで自分のマンションがいくらで売買されているのか現実を知ることができるようになりました。

これは、実際に不動産業者がマンションの査定をする時使う取引事例法という査定方法になります。マンションを売却する際は、必ずマンションマーケットで実際の売却金額を知っておきましょう。

 

この相場を知らない状態で、一括査定サイトなどを利用してしまうとすごく高額な金額の査定をされることがあります。それは、不動産業者の罠です。

実際には、売れないような高い価格で査定を出しておき、高い価格では売れないので値段をどんどん下げていくという方法をとる業者になります。

 

不動産業者はわざと高額な査定をして媒介契約をとれば、後に売れないという理由で価格を下げたとしても、最終的には自分のところに仲介手数料が入ってくると考えます。

そのため、一括査定サイトは基本的に売れないような高額な査定が多いです。マンションマーケットで、適正な価格を知っていれば、そういった業者に引っかかることがありません。

 

しっかりと、あなたのマンションの価値を知ったうえで適切に査定してくれる不動産業者を選択しましょう。もちろん、あなたが売れなくてもいいからこの金額で売りたい価格があるのなら問題ないです。

じっくりと待ったうえで、その価格で売却活動をしてください。ただ、不動産価格は常に動いていますので、そのことを忘れないようにしましょう。

 

現在は新型コロナウイルスの影響が不動産価格に反映しはじめています。東京オリンピックのためのバブルは終焉しました。

なので、できるだけ早く売った方が高く売れる可能性が高いです。価格が下がるのであれば、取引事例を見て適切な価格をつけている業者で、早く売ることが大切です。マンション専門業者はコチラ

マンション専門の無料査定はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です