不動産の売り出し価格を簡単に決める方法

このページは、あなたが不動産を売却するにあたって不動産の売り出し価格を決めるための戦略についてお伝えします。よく勘違いされているのですが、不動産の売り出し価格査定価格とイコールではないということです。

 

あくまで、不動産はあなた自身の所有のものですので、値段を決定するのはあなた自身になります。そのため、あなたは売り出し価格を決める必要があります。

 

では、不動産査定価格と売り出し価格はいったいどのような違いがあるのでしょうか。それを踏まえたうえで価格を上手に決める方法をお伝えしていきます。

 

査定価格と売り出し価格の違い

不動産を売却するにあたって、価格の種類は実は3つあります。それらはどれも大切な数字になりますが、案外知られていないところになっています。

 

不動産売却の流れの中でその3つの価格を説明しましょう。まず、不動産の売却を考えたあなたはいくらで不動産を売却すればいいのかわかりません。

 

売れる金額や相場というのものがわからないので、不動産の査定を不動産屋に依頼します。その際にでてくるのが査定価格です。この査定価格は、不動産屋がこれくらいで売れるだろう。

 

そう判断した価格になります。そのため、不動産の査定価格というのは各々の不動産屋で異なります。あなたの不動産を高くみてくれる不動産屋。

 

逆に、確実にこの価格なら売れると思って提示する会社の両方が存在します。なので、その辺りについては一度相見積もりをとるのがベストです。

不動産の相見積もりはコチラ

 

査定価格が不動産屋で決まれば、今度あなたが決めるのが実際にいくらで売り出すのか決める売り出し価格です。よく不動産のサイトや不動産屋の前で紙が貼り出されてるあれです。

 

査定価格は、あくまで不動産屋がそれぐらいで売れるだろうという物ですので、あなたがもっと高い価格でも売れると思ったなら売り出し価格は高く設定してもいいのです。

 

なので、査定価格は不動産屋が売れるだろうと思う価格で、売り出し価格はあなたが売り出したい価格になります。そのため、イコールになることもありますが必ずイコールではありません。

 

そして、3つめの価格が売却価格です。これは、売り出し価格で売れれば売却価格になりますし、値下げして売れれば値下げした金額になります。

 

大事なことは、査定価格売り出し価格は一緒ではなくあなた自身がその不動産の売り出す価格を決定することができるということです。

 

不動産売り出し価格を決める方法

では、売り出し価格はどのように決めるのがよいでしょうか。特に答えがあるというわけではありません。あなた自身が住宅ローンの残債などを考えて決定すればいいのです。

 

ただ、あまりに不動産売買する市場とかけ離れた金額であると売れないので、不動産屋が出している査定金額というのを参考にするのです。

 

元々、あなたがいくらで売りたいというのがないのであれば、査定金額よりも少し高い金額に売り出し価格を設定するのがよいでしょう。

 

なぜなら、中古マンション・中古住宅というのは相場よりも少し高く売れるケースということが往々にしてあるからです。それは、中古の不動産の買い手は、駅から徒歩5分以内。

 

広さは50㎡以上等ピンポイントの条件で探している人が多いためです。なので、あなたのマンションや家のエリアや広さが一致すれば相場よりも多少高くても買ってくれるのです。

 

この辺りは、新築とは大きくことなるところですね。新築の場合だとどうしても他の物件と比較されます。しかし、中古の場合はそこに実物があります。これが中古の強みです。

 

購入者からすると、内覧をするだけでイメージできるのです。そして、購入を決めたらわずかな期間で引越しをすることが可能です。新築だとそれが半年、1年待たされるなんてことが普通です。

 

これらの理由から、中古住宅・中古マンションは相場より少し高く売れることがあります。だからこそ、不動産屋が行う査定金額よりも少し高めの金額に売り出し価格をするのがいいのです。

 

もし、少し高めの金額で反応が悪かった場合は、不動産屋が査定した金額に下げればいいだけです。法律上必要なものもかかる費用もありません。なので、査定価格のちょい上がいいのです。

 

不動産売却で失敗しない価格戦略

不動産の売却を失敗させないためには、価格戦略というのが大切になってきます。戦略というとどこか難しく聞こえますが、○ヶ月たったらこれだけ価格を下げるというのをあらかじめきめておくことです。

 

例えば、住宅ローンの残債や売却時の仲介手数料などの諸費用を考えたときに最低でも2,500万円で売却しなければならなかったとしましょう。

 

不動産会社の査定は、3,500万円。実際にそのくらいの金額なら売れそうです。しかし、本音で言えば3,800万円で売りたい希望をもっていたとします。この場合、3つの金額が重要なポイントです。

 

種類 値段
最低ラインの金額

2,500万円

売れそうな金額(査定価格)

3,500万円

売りたい金額(希望価格)

3,800万円

この3つの価格で、あとはどのタイミングでどの価格まで下げるのか決めていく計画をあらかじめ決めていくのです。この価格ともう一つ重要なポイントがあります。それは、どれくらいまで期間がとれるかという側面です。

 

例えば、6ヶ月後までには完了する必要があるとしましょう。決済まで約1ヶ月かかるので、実質売却までの期間は5ヶ月になります。売り出し価格は、あなたの希望の3,800万円。

 

まずは、1ヶ月3,800万円で様子をみます。1ヶ月経過しても売れなかった場合は、3,500万円に価格を下げる。そして、3,500万円で2.5ヶ月様子を見る。それでも売れなかった場合は、100万円ずつ価格を下げていく。

 

もし売れなかったらどうするかというのをあらかじめ決めた上でそれを実行するのです。そうしないと、様子みて下げていくとどんどん下げていくだけになって結果的に後で後悔してしまいます。

 

もし売れなかった場合の対処を最初から決めて売り出さないと、不動産営業担当にどんどん下げるように催促されて大きく損をします。

 

不動産屋に値下げを度々催促されるのは、あなた自身もいい思いをしないでしょう。そのためにも初めから○ヶ月後にこの価格にしようと思っていると伝えることが重要になってきます。

 

本当は、この価格戦略を一緒に不動産屋さんが考えててくれればいいのですが、不動産屋さんは売れなかったら少しずつ下げるという営業マンが多いのであなた自身でしっかりと計画をしておきましょう。

 

そうすることで、納得できるタイミングで売り出し価格の変更。あなた自身の大切な不動産の売却をすることができるようになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です