不動産一括査定のデメリットはコレ!

このページは、不動産一括査定デメリットについてどんなことがあるのかをお伝えしています。また、それと対比するために不動産一括査定のメリットについてもみていきます。

 

もし、あなたが不動産の一括査定を受けてみようかなと思っているのであればこの記事はかなり参考になると思いますので読んでみてくださいね。

 

最近、不動産売却に欠かせなくなってきたサービスの一つに不動産の一括査定があります。それは、これまで査定するのに自らが問い合わせていくつも不動産会社を回って実現する複数の見積もり。

 

それが、インターネット上で行うことができるようになったのですから不動産を売却しようと考えているあなたにとっては革命的なサービスになっています。その中でも特に、良いサービスはイエイ。

 

イエイなら、不動産一括査定のデメリットの部分も解消できるようにサービスが行われているからです。なので、不動産一括査定に不安があるあなたにはイエイをおススメしています。

イエイに査定申込みはコチラ

 

不動産一括査定のメメリット

ここでは、不動産一括査定サイトのメリットについてお伝えいたします。不動産一括査定サイトには、たくさんのメリットがあります。だからこそ、近年利用者が急上昇しています。

 

まずは、それを順番に見ていきましょう。私(やまさん)の考える不動産一括査定サイトのメリットは大きくわけて下記の5つになります。順番にみていきましょう。

①自宅で複数の会社の査定が受けれる

②高い査定金額が期待できる

③あなたの不動産の相場がわかる

④不動産会社1社に騙されにくい

⑤完全無料

 

自宅で複数の会社の査定が受けれる

まず、不動産一括査定サイトの一番のメリットはこれだと思います。不動産の一括査定サイトが登場するまでの間は、あなたの不動産を複数査定するためには、1社1社の不動産屋を回る必要がありました。

 

電話でアポイントをとって、その後に何軒も不動産屋をまわらなければ出来なかったことが、インターネットで簡単にできるようになったので一気に利用者が増えたわけです。

 

世の中、いろんな業種が相見積もりをするのに対し、不動産の査定が1社だけでしかしていなかった。それを、複数。しかも簡単にできるようになったことが大きなメリットです。

 

また、地域や間取りなどで査定する机上査定と訪問査定のどちらにも対応して、それを選択できるというのも大きなメリットになります。

 

それがあることで、簡単に今の不動産のおおよその値段を知りたい。あるいは、逆に売り出すためにしっかり査定してもらいたい。その両方のニーズを満たしています。

 

高い査定金額が期待できる

これは、前述している複数の業者の査定が受けられるというのに関連しています。多くの不動産一括査定サイトは最大6社まで見積もりを出すことが可能になっています。

 

それがどういうことかというと、競争の原理が入るということです。いろんな業種で相見積もりをする理由は、少しでも値段を安くしたいという気持ちと同じです。

 

不動産一括査定がなかった頃は、1社の不動産屋に査定をお願いしていました。だから、そこには競争の原理が働いていませんでした。競争の原理が働くとどうなるか?

 

良いサービスが生まれたり値段が変わったりするのが資本主義の常です。不動産売却の場合は、あなたの不動産が高値で売れるようになるということです。

 

いろんな不動産一括査定サイトで言われているとおり、不動産屋によって価格というのは大きくことなります。1000万円以上もの差がでることもあるのです。

 

あなたの不動産の相場がわかる

これも、複数の見積もりが出ることでわかるメリットですね。実際に、あなたが不動産のプロでない限り、あなたの今の不動産価格がどれくらいになるのかはわからないものです。

 

買ったときと不動産価格が変動しているのは当たり前のことですよね。住んでいる土地の値段もかわりますし、建物は古くなっていきます。そうした場合、1社だけの査定だと本当にそんな価格なの?

 

そう思ってしまうことが必ずあるのです。おかしいな。もっと高いと思ったんだけど・・・。そういったことにたいしても、不動産一括査定は答えを導きだしてくれます。

 

複数の不動産業者が査定してくれるわけですから、あなたの不動産がどれくらいの相場で売れるのか一目瞭然でわかるのです。これが1社だけの査定だと悶々としなければなりません。

 

本当はもっと高く売れるのに、不動産屋が買い叩こうとしているのではないか。そんな不安を抱えてしまうのです。そんなことがなくなるメリットがあるのです。

 

不動産会社1社に騙されにくい

不動産売却するときに、売り主というのは情報のブラックボックスに覆われているところがあります。不動産屋は適当にはぐらかされてしまうと、本当のところはわからないからです。

 

実際の不動産業者の現場で、売り主に1から10まで説明しているような業者はほとんどないでしょう。それが、1社だけとの取引の場合だと顕著になってしまいます。

 

情報は、その1社だけからになってしまいますのですべて嘘で塗り固められてもわからないのです。実際に、不動産屋はまだ売れていないのに買いたいと申し出してきた人にもう売却予約が入っていると断ることがあります。

 

それは、その不動産をなかなか売れないと相場より安く買い叩いて仲介手数料よりも大きく儲けようとするためです。だからこそ、複数の不動産会社との取引をもつことが大きなメリットになります。

 

不動産屋1社だけで取引をしていると、本当は買い希望の人がいるにもかかわらず売れないみたいな出来事は起きません。なので、不動産一括査定を活用するとそんなメリットもあるのです。

 

完全無料

不動産一括査定では、不動産の売却査定は無料になっています。これは、当然と思うかもしれませんがそんなことはありません。不動産屋は、売ることを前提に売却査定を無料にしています。

 

しかし、売ることを前提にしていない場合は売却査定にはお金が発生してきます。例えば、不動産屋に弁護士から○○の不動産の査定をしてほしいという依頼がくることがあります。

 

離婚や破産など様々な理由で、弁護士事務所から不動産の査定をお願いされるのです。そして、弁護士事務所は不動産がどれくらいで売れるかなんていうのがわかりませんので、不動産屋に査定を依頼します。

 

その際に、不動産屋は弁護士事務所から不動産の査定代金として最低でも1万円程度は報酬を受け取ります。なので、不動産の売却査定も基本的には無料ではありません。

 

それが、必ずしも売却をしなかったとしても完全無料で受けれるわけですから不動産一括査定の大きなメリットになるのです。

 

不動産一括査定のデメリット

これまで、たくさんの不動産一括査定のメリットについてお伝えしてきました。では、逆に不動産一括査定デメリットはどこにあるのでしょうか。

 

不動産一括査定のデメリットは、なんといっても複数の不動産屋に査定を申込みするのでそこから営業をされる可能性があるということです。その1点だけと言っても過言ではないでしょう。

 

業者によっても異なりますが、電話で営業してきたり、家にやってきたりとグイグイ営業をしてくる業者があるということです。それって、一般の人からするとすごく嫌ですよね。

 

服を買いに行って、いきなりこれどうですかってもってくる店員がいると・・・いやもっといろんなものを見たいって思いますよね。もちろん、そういった業者だけでなく逆の業者もあります。

 

最初は、メールで連絡をしてきてくれて悩みの深いお客さんだけに電話、訪問といった順を追って営業してくれる業者もたくさんあります。

 

このように、順を追っていればまだいいですが、いきなりどんどん営業されるのってすごく嫌なんです。日本人は、特に断りきれない性格の人が多いですからね。

 

大事な不動産をそのような営業に押し切られて売るのは嫌だと思います。自分の気持ちで納得した形で売却したい。そう思いますよね。

 

そんなあなたには、グイグイ営業されるのではないかという悩みに対応したサービスのある一括査定サイトを私はおススメしています。

 

デメリットを解消する方法

ぐいぐい営業されるかもって思う悩みに対応した不動産一括査定サイトが実は、一つだけあります。それは、しつこい営業にイエローカードを出す制度があるイエイです。

 

イエイの不動産一括査定は、しつこい営業をされたらその不動産会社を排除するという制度を採用しているのです。そのため、不動産一括査定のデメリットである「しつこい営業」をする業者が少ないです。

 

また、不動産屋にあなた自身が直接連絡しなくても不動産一括査定サイトの「イエイ」にお断りの電話を入れれば大丈夫です。イエイは、不動産屋へのお断りの代行も行ってくれるのです。

 

このサービスがあれば、しつこい営業をされるのではないかという不安が解消されますよね。ちなみにこういったサービスを行っているのは、不動産一括査定サイトではほとんどありません。

 

どこも電話対応をしていませんし、不動産屋へのお断り代行などといったサービスをしていません。その点、イエイはあなたの不安が少しでもなくなるようなサービスを提供しているのです。

しつこい営業禁止の無料査定はコチラ
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です