不動産屋の裏話「高く売るより早く売りたい」

このページは、不動産屋裏話を現役宅建士のやまさんが特別に公開しています。今回は、その第1弾になります。「不動産屋は高く売るより早く売りたい」です。

 

これは、不動産の売り主にとっては衝撃的な内容になるかもしれません。不動産屋が向いているベクトルが売り主が求めているものが大きく異なるためです。

 

売り主に支払う不動産屋の仲介手数料は、3%+6万円+消費税になります。このことから、売り主が思うのは不動産屋も高く売れた方が手数料が大きくなるので目指している方向が同じ。

 

だから、不動産屋に安心して頼むことができるという気持ちになります。しかし、実際の裏話をすると不動産屋は高くよりも早く売りたいという気持ちの方が強いです。それがなぜなのか見ていきましょう。

 

なぜ、高くではなく早くなのか?

不動産屋は高く売るよりも早く売りたい気持ちの方が強いことを裏話としてお伝えしました。では、それはいったいなぜなのでしょうか?手数料が安くなっても早く売りたい理由をみていきましょう。

 

売り主のあなたにとって、不動産が100万円高く売れたらとてもうれしいですよね。100万円と言えばかなり大きな金額です。しかし、不動産屋にとって100万円高く売れても手数料が3%ですから報酬金額は3万円増えるだけです。

 

例えば、1ヶ月遅く売れるとその分業者は内覧に行かなければならない手間が増えますよね。そして、広告費などのお金もかかりますよね。3万円とそれらのお金がどっちが高いか検討すると、内覧の人件費の方が高かったりするわけです。

 

また、不動産は買い手にとっても売り手にとっても大きな金額が動くものになります。実際に、こういった大きいお金が動くものというのは気持ちが高ぶっているときでないと売れません。

 

そして、その気持ちが高くなるタイミングというのは売り出しの当初のお客さんの方が強いんです。ほかの人に買われてしまったらどうしよう。そんな気持ちに陥るものなのです。

 

なので、不動産屋は経費的な問題(早く売った方が仕事量が少なくてすむ)と心理的な問題の両面から早く売った方が高く売るよりも重要視しているのです。しかし、売り主は高く売ってほしいと思っていることがほとんどです。

 

そのため、お互いには気持ちのズレがどうしても発生してしまうのです。この根本的な気持ちのことがわかっていないと、不動産屋に依頼してもなかなかうまくいかないのです。

 

早く高くは両立しない

売り主の中には、いろんな人がいます。誰もが望んでいるのは高く早く売ってほしい。これが一番の希望です。しかし、この二つというのは両立しません。早く売る場合は、価格は下がります。

 

逆に販売期間を長く見れるのであれば、高く売れやすくなります。なので、両方が同時にというのは無理と思ってもらっていいです。そこで、大事なことはあなたはどちらの選択をするかです。

 

多少価格がさがってもいいから、早く売る。それとは逆に、じっくりと希望の価格で買い手がつくのを待つ。どちらのパターンで行くのかということです。不動産屋は、価格は下がってもいいから早く売りたい方です。

 

しかし、あなたがじっくりと希望の価格で買い手がつくのを待ちたいと思っているのであれば、それはしっかりと不動産業者に最初に伝えておく必要があります。あなたは売り主です。価格を決めるのはあなたです。

 

不動産屋は、あなたのような売り主を紹介してはじめて手数料が入るのですから、本来はあなたの方が不動産屋よりも立場が強くあるべきです。不動産屋はいわば人の土俵で相撲をとっているだけです。

 

なので、決定権はありません。もちろん、査定をしてもらったり価格をどのように変化させていけばいいのかを一緒に考えていく存在であります。なので、大事なパートナーであることは間違いありません。

 

しかし、じっくりと売りたいのであれば価格を下げるように言われて下げない勇気も必要です。最初に、「売りたい希望金額」、「査定価格(売れるだろう価格)」、「最低ラインの価格」の3つの数字を決めます。

 

そういったことをしっかりとアドバイスしてくれる不動産屋と媒介契約をするようにしましょう。具体的な3つの価格についてはコチラの方で説明していますのでご覧いただけたらと思います。

不動産の売り出し価格を上手に決める戦略

 

高く売りたい場合にすること

あなたの不動産を高く売りたいのであれば、広く購入希望者にあなたの物件を知ってもらう必要があります。専任媒介契約(1社の不動産屋だけしか買い主をみつけることができない契約)をしていると、それだけ買い主を広く集めることができません。

 

物はなんでもそうですが、広く宣伝して買いたいという人がたくさん現れてはじめて高く売ることができます。広く宣伝するために大事なことは、複数の不動産屋に買い主を探してもらうことです。

 

そのために、複数の不動産屋に見積もりをしてもらうことが大事になってきます。これが、高くよりも早く売りたいというのであれば話は変わってきます。買取りをしてくれる業者を探せば、相場より30%程度安い金額になりますがすぐに現金化してくれます。

 

しかし、多くの場合は高く売りたい。できれば早く売りたいといった状況です。そうなると、やはり広く買い主を募集する必要がでてきます。もちろん、あなたがたくさんの不動産業者を知っているのであれば回ってお願いすればいいです。

 

しかし、はじめて不動産を売却する。あるいは、2回目の売却というのであれば複数の不動産屋を探すと言っても難しいでしょう。そんなあなたにお勧めするのがインターネットで簡単に複数の業者の査定を受けられる一括査定サイトです。

 

一括査定サイトなら、あなたが不動産屋を回る必要はなく向こうからやってきてくれます。そうすることで、いくつもの不動産屋にお願いすることができるので結果的に高く売ることが可能になるのです。

 

不動産屋は、高く売りたいよりも早く売りたいと思っています。そのことをしっかりと把握した上で、売却を考える。今回の裏話は不動産の売却をはじめて考えているあなたには重要な内容になっていますのでしっかりと、対策をたてましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です