今治市の不動産査定で損しない方法

このページは、愛媛県今治市ではじめて不動産査定を行うあなたが損しないための方法をお伝えしていきます。そのため、愛媛県今治市で不動産を売りたい。

 

あるいは、不動産の売却をいつかしようと考えているあなたのお役に立てる記事になっています。なので、はじめての家や土地を売却をしようとお考えのあなたが損しない方法を学んでいただけたらと思います。

 

今治市と言えば、なんといっても造船のまちですよね。造船が立ち並ぶ光景がとても印象的です。最近では、獣医の学部をつくるということで安倍総理との関係で話題になってますね。

 

また、世界に誇れるタオルなどもあります。なので、なにかと話題の多い今治市で家や土地の査定をどのように行えば損しないのか。その方法についてお伝えしていきます。

 

答えから言うと、今治市で家の査定をする場合に損しないためには、たくさんの不動産屋から査定をとることが重要になってきます。その理由をこれから説明していきます。

 

なぜ複数の不動産屋で査定するの?

複数の不動産業者に査定を依頼するのには、2つ理由があります。一つは、それがあなたの家や土地が最も高くうれるからです。そして、もう一つは不動産屋に騙されないためです。

 

まず、なぜ複数の業者に査定・見積もりをするのが最も高く売れるのかというと、その方が競争が発生するからです。家の査定というのは、個々の不動産屋さんによってつけてくれる値段が異なります。

 

株式などと違って、市場があって日本全国その価格で取引するものとは異なるのです。1000万円とつけてもいいし、5000万円とつけてもいいのです。相場よりも高くても、買い手がつけばそれで売れるわけです。

 

1000万円と5000万円は少しおおげさですが、本質というのはそこにあります。買い手がいれば価格が変更するということです。なので、業者によって価格が大きく異なるのです。

 

それがわかれば、1社だけの不動産屋に依頼することが損するってわかりますよね。あなたが家の査定をお願いしようと思っていた1社が大きく低い金額だったらどうします?5000万円で売れるのに1000万円の価格をつけたら。

 

そこまでの価格はなくても、1000万円と1300万円ぐらいの違いは普通にあるというのが不動産売却の世界なのです。また、複数の会社から査定をとればあなたの家や土地の価格相場というのもわかりますよね。

 

その自分の家の価格相場を知っておくというのもすごく重要になってきます。1社だけの会社に見積もりをお願いすると相場がわかりません。その価格が高いのか。安いのかすらわかりません。

 

そうなると不動産屋が自分の利益のために、はじめての売却をしようとするひとの足元を見て買い叩く。そんなことがすごく多いのがこの業界なのです。都会ほどひどくないですけど、地方でもそういったことは行われています。

 

なので、これまでのことをまとめると複数の査定をとるのは高い値段にするため。そして、不動産屋にだまされないため。この2点になってくるのです。そうはいっても、複数の不動産屋に査定の依頼をするのは大変だと思います。

 

そのため、簡単に複数の不動産査定が行える下記のサービスを私、やまさんはお勧めしています。そんなにたくさんの不動産屋に行けないよってあなたはご利用ください。

今治市の価格相場

ここまでで、今治市のあなたの家や土地を査定をするのには複数の会社で査定をすることをその理由とあわせてお伝えしてきました。すごく大切なのでぜひ複数の査定をとってくださいね。

 

ただ、これとは違ってもう一つ損をしないための指標というものがあります。それが、売るタイミングになります。複数に見積もりをしてもらっても、今後あなたの家や土地が値上がりするのであればもう少し待ちますよね。

 

実際に、オリンピックもありますから不動産価格は上昇してきているのではないかって思いますよね。なので、実際の数字をみていきたいと思います。そのうえで売り時なのかみていきましょう。

 

今治市の地価の平均は、坪単価12.1万円㎡単価3.6万円になっています。今治市ってもっと高いイメージありましたが、全体を見るとこうなっています。

 

これは、全国1732市町村の中で532位になっています。愛媛県でも、松山市新居浜市、西条市の次の高さになっています。人口は愛媛県で2位なので、もう少し高くてもいいのかなって思います。

 

今治市の中で最も地価が高いのは、常盤町で坪単価40.3万円・㎡単価12.2万円になっています。次いで、北日吉町、松本町の順番で高くなっています。今治市の5番目までのところは下記に表でまとめていますのでご覧ください。

 

地域 ㎡/万円 坪/万円

常盤町

12.2

40.3

北日吉町

8.5

28.1

松本町

8.2

27.3

北宝来町

8.1

27.0

南大門町

8.1

26.9

今治市の高い方の地価を見ると、新居浜市よりも高いように感じます。なので、かなり売れやすいところとそうでないところの差があるのだと思います。

 

今治市の場合は、島がありますのでその関係で安いところとの差があるため平均下がっているのです。中心のところは、今治市は売れやすいですね。

 

なので、ここの5位までにあがっているような地域の不動産の売却であれば、査定も満足いく内容になり、しかも買い手はつきやすいでしょう。

 

今治市の価格相場の推移

ここまでで、現在の今治市の土地の価格がどのくらいになっているのかわかりました。しかし、現状がわかっただけではいつが売り時なのかはわかりません。

 

売り時かどうかを判断するためには、今の価格がどのように推移してきているのかを確認する必要があります。そうしないと、高く売るタイミングというのが見えません。

 

なので、ここでは今治市の土地の価格がどのように推移してきたのかをみていきます。価格の推移は、今後を予想する際にすごく大切になってきますのでしっかりとご確認ください。

 

年数 ㎡/万円 坪/万円

2005

5.14

17.00

2006

5.16

17.06

2007

4.9

16.4

2008

4.8

15.9

2009

4.6

15.2

2010

4.4

14.6

2011

4.2

14.1

2012

4.1

13.7

2013

3.9

13.2

2014

3.8

12.7

2015

3.7

12.4

2016

3.6

12.1

今治市の土地の価格をみて思うことは、2006年だけ少し価格が上がっているということです。ほかは少しずつ下がっています。この辺りは、松山市や東京などとは異なりますね。松山市などについてはリーマンショック前の2008年がピークでそっから下がってきています。

 

今治市の場合は、そのリーマンショック前の値上がりというものが起きていません。そのため、2006年のわずかに上がっているのを除けば1993年からずっと下がりつづけています。

 

1993年の価格が坪単価27.8万円から、現在では12.1万円まで下がっていることがわかります。ここ10年で見ても坪単価で4万円以上値下がりしています。

 

このずっと下がっている状況を見ると売り時はいつ?って考えると今ってなります。要は、今後も下がり続けることが見込まれるのですぐにでも売ったほうがいいということです。

 

今、都会はオリンピックの関係で土地の価格はバブル並に上昇しています。その恩恵を後からうけるってことは、ほぼないといってもいいでしょう。

 

今治市の人口がどんどん増えている状況があるなら別ですが、人口が減少しているところの土地というのはどうしても上がりません。そのため、今後も下がり続ける可能性が高いのです。

 

今治市の不動産査定で損しない方法

ここまでで、複数の会社に不動産の見積もりをするのが損しないためには大切であること。そして、今治市の土地の価格はずっと下がり続けているので、売るなら早いほうがいいことを説明してきました。

 

もちろん、ずっと今治市に住むのであれば大切な家を売る必要はないです。しかし、今治市の不動産を売ろうかなって思っているのであれば今が売り時になるのです。

 

今後、いつかは売るって気持ちがあるのであれば早い方がいい。急がなければ、どんどん価格は下がっていますので注意してくださいね。その際にも、重要なのは査定は複数の業者で行う。

 

そのうえで、できるだけ早いタイミングで不動産の査定を行って売却することが今治市の不動産売却で損しない方法になります。なので、急いでコチラで査定してくださいね。

損しない不動産査定はコチラ
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です