住宅ローン返済中に売却するなら確認しておいてください

このページは、住宅ローンがあるけど家を住み替えたいあなたのためにどのように売却すればいいのかをお伝えしています。現在、家を売却したいとご検討中の方の多くは、まだ住宅ローンをご返済中の状態かと思われます。

 

ここでは、そんな状況でも家を売却することは可能なのか、また売るための手順などをお伝えしています。住宅ローン残っているけど、住み替えしたいと思うあなたに読んでいただけたらと思います。

 

住宅ローン返済中でも売却はできるのか

現在まだ住宅ローンをご返済中でも、一戸建てを売ることは可能です。しかし、それには1つ条件があります。≪家の売却完了時に、残りの住宅ローンを全額完済する必要があります≫これは住宅ローンを借りる際に設定された抵当権を外すための作業になります。

 

抵当権・・・住宅ローンを借りる際に、担保として差し出す家や土地などの不動産に設定されます。万一、住宅ローンの返済が滞ってしまったときに、金融機関は家や土地を換金して債務の返
済に充てることができます。

 

売却金額がローン残債より上回る場合や、売却金額と貯金額を合わせて残りの住宅ローンを完済できるのであれば、普通に売却が出来ます。

 

 

抵当権をつけたままの売却

抵当権が付いたままでも家を売ることはできます。しかし、抵当権の債権者(住宅ローンを借りた金融機関)に抵当権を実行されてしまっては買主も困ってしまいます。

 

そのため、ローンの残債額の分だけ、売却金額から控除しなければ買い手はまず付きません。結局は、住宅ローンの完済をするのと同じことですので、抵当権をつけたままの売却より、ローン完済をした方が良いでしょう。(抵当権が付いてるというと大抵の買主は嫌がります)

 

 

任意売却

売却金額が高くついて、ローン残債分を完済出来るのであればラッキーですが、もちろんそうはいかないケースもあります。そうなったとき、足りない分をまかなえるほどの貯金がない方は、家を売ることが出来ないのかと言えば、売る方法はあります。

 

 

「任意売却」という方法です。任意売却は債権者である金融機関の許可をもらい、残債分を分割で支払う方法です。これはローン返済が困難で、滞納してしまっている方への対処方法となります。

 

誰でも簡単に任意売却ができる、という訳ではありません。ローンを滞納するということは、個人信用情報機関にブラックリスト登録されることになります。

 

 

そのため、どうしてもすぐに売らなければいけない事情がある方以外には、あまりおすすめできる方法ではありません。もし任意売却をご検討される場合は、金融機関などに相談をしてみて下さい。

 

不動産査定

まずはあなたの家がどのくらいの金額で売りに出せるのかを知る必要があります。査定は複数の不動産屋へ依頼し、見積もりを比べ検討しましょう。査定金額は不動産屋によって多少異なります。

 

 

また、自身でも周辺地域の土地や中古戸建ての相場をよく調べておき、把握しておくことも大事です。不動産屋も大事ですが、担当営業さんの人柄ややる気、相性も大事です。

 

 

「自分でもらった案件は必ず自分で決める!」くらいの心意気を持った方は、熱心に募集活動して下さいます。

 

ローン返済中の売却

ローン返済中でも家を売ることができるのはご理解頂けましたでしょうか。見積もり時点でローン残債分を上回っても油断しないで下さい。大きな金額ですので、最後に絶対値引き交渉が入ります。

 

 

この値引きは、買主の決断を後押しするものになりますので、値引きは絶対しない!と頑なに拒むと中々買い手がつきにくいこともあります。

 

そんな場合は、値引き幅を踏まえてあえて上乗せ金額で募集をしてみましょう。そのあたりも踏まえて、不動産屋によって募集方法も変わってきますので、不動産屋選びは慎重に行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です