宇和島市の不動産査定で損しないでください!

このページは、愛媛県宇和島市ではじめて不動産査定してもらうあなたが損しないための方法についてお伝えしています。そのため、宇和島市で不動産の売却を考えている。

 

不動産を査定しようと検討しているというあなたにお役に立てる内容になっています。はじめて不動産査定をする人が損しないようにするため、シンプルでわかりやすいようにお伝えしていきたいと思います。

 

宇和島市で、はじめて不動産査定をして損をしないために簡単にかつ確実に損をしない方法というのは複数の不動産会社から査定をしてもらうことです。損しないために不動産を売却する結論は、これだけと言ってもいいぐらい重要なことです。

 

不動産というのは、これまで複数の会社で査定することはタブー視されてきました。それは、不動産会社が嫌がるからです。自分のところからお客さんが逃げていく可能性があるから、業界の常識として複数の不動産会社から査定をもらうというのを嫌っていたのです。

 

しかし、現在はインターネットの普及に伴い売り主のためのサービスができています。自宅にいながら簡単にあなたの不動産を複数の会社から査定できるようになっているのです。

 

複数の不動産会社を自分で探して査定してもらうってのは、知っている不動産屋が複数あればいいですが通常はかなり大変です。そのため、損しないために下記の査定を使うのです。

なぜ複数の業者で見積もりするの?

はじめて不動産査定をするときに、なぜ複数の業者に見積もりをすると損をしないのかという疑問がわいてくるあなたもいると思います。そのため、なぜ複数の見積もりをするべきかについてお伝えします。

 

不動産については、売り主と買い主が価格の合意をすれば売れます。不動産屋はあくまで、仲介をするだけです。そのため、不動産の査定価格というのは高くても売れない。

 

だから、不動産一括査定サイトを使うのは意味がない。そんなことを不動産屋は言います。しかし、それは実は違っています。なぜなら、売り主が売り出す価格というのはその不動産屋の出した査定金額をもとに決めるからです。

 

例えば、3000万と不動産屋が査定した家を売り出すのは高くても3100万円程度でしょう。逆に、別の不動産屋に2500万円と査定されたとしましょう。そうすると、売り主は高くても2600万円で売り出す程度でしょう。

 

こういったケースで、実際に3000万円で売れるっていうのはよくあることなのです。不動産屋は、相場から予想で価格をつけているだけです。それは間違いないことです。しかし、売り主はそれをもとに売り出し価格を決めます。

 

自分でこれぐらいで売りたいって金額があっても、プロである不動産屋の意見を聞いた上で価格を決めるのです。そのように考えるとどうでしょうか?高く査定することに大きなメリットがありますよね。

 

そして、物を売るときに値段を上げるためには必ず競争が必要です。競争がないところで値段は上がりません。だからこそ、複数の不動産屋に見積もり(査定)を行ってもらうのです。それが簡単にできて最強の損しない方法なのです。

宇和島市の価格相場

ここまでで、どのような査定方法をとるべきかをお伝えしてきました。ただ、宇和島市で不動産を損せず売却するにはもう一つ必要なことがあります。それは、宇和島市の不動産価格が上がっているのか。

 

それとも下がっているのかということです。この査定をするタイミング、売却するタイミングというのも大事になってきます。例えば、来年に市が道路を広げるのでそこにあなたの土地がかかりそうだとしましょう。

 

簡単に言うと、市があなたの土地を買ってくれるので大きく値上がりした価格で買ってくれる。そんなことが予想がされるのに売却する人っていないですよね。

 

だから、不動産の値段が上がっているのか下がっているのか確認して、今現在が売り時なのかを確認していくのです。そうすることで、売るタイミングを図ることができるのです。

 

では、さっそく宇和島市の不動産価格を見ていきましょう。宇和島市の地価平均は、坪単価14.4万円㎡単価4.3万円になっています。正直、この価格はかなり高い価格になります。

 

愛媛県で、松山市新居浜市に次ぐ第3位の坪単価の高さになっています。今治市や西条市といった、宇和島市よりも人口がかなり大きい市よりも高い坪単価になっています。

 

第2位の坪単価の新居浜市も平均坪単価14.5万円ですからほぼ変わりがない。それぐらい高い水準になっています。ちなみに、愛媛県では3位になっていますが全国1732市町村の中では445位に位置します。

 

そんな宇和島市の中で、最も高い地域は恵美須町と錦町で坪単価36.0万円㎡単価10.9万円と松山市並に高くなっています。次いで、丸之内、朝日町という順番になります。

 

宇和島市内で、地価が高い順に5位まで並べていますのでご確認いただけたらと思います。宇和島市内でも、特にこのあたりは高く・早く売れます。

 

地域 ㎡/万円 坪/万円

恵美須町

10.9

36.0

錦町

10.9

36.0

丸之内

9.4

31.1

朝日町

7.9

26.1

中央町

7.2

24.0

恵美須町や丸之内などの宇和島の市街地がやはり高くなっていますね。このあたりの地域では、売りに出すと即売れるといった地域になりますね。

 

なので、中央町までのところで不動産を査定する。売却するとなると、価格の折り合いさえつけば売れることは間違いないでしょう。

 

宇和島市の価格相場の推移

ここまでで、宇和島市の現在の価格がわかったと思います。しかし、現在の価格がわかっても今後どのように推移するのかがわからなければ、売り時を判断するのは難しいですよね。

 

そのため、ここでは宇和島市の不動産価格の推移についてお伝えしていきます。それを確認した上で、今は売り時なのか。それともそうでないのかを見ていきます。

 

年数 ㎡/万円 坪/万円

2005

6.1

20.4

2006

6.2

20.5

2007

5.9

19.7

2008

5.7

19.0

2009

5.5

18.3

2010

5.3

17.6

2011

5.1

17.0

2012

4.9

16.4

2013

4.8

16.1

2014

4.6

15.5

2015

4.5

14.9

2016

4.3

14.4

この価格の推移を見ているとわかりますが、2006年を頂点にずっと10年以上価格は少しずつ下がり続けているのが現状です。2006年から比較すると坪単価で6万円以上下がっています。なので、10年でかなり下がっていることが確認できますよね。

 

ただ、この値下がりのしかたっていうのは新居浜市、西条市、今治市もすべて同じような下がりかたをしています。松山市だけ、リーマンショックのあった2008年を頂点にして下がっているのですが他の市町村はすべて一緒です。過去になるほど高いという状況です。

 

なので、いつが売り時かっていうと売ろうかなって決めたときが売り時だということです。これから値上がりする可能性は極めて低いと言わざる得ません。

 

不動産も価格が上下するものなので、いつかは上がるかもしれませんが基本的に人口が減るところは値上がりしません。買うってひとがたくさんいてはじめて価格は上がります。

 

人口が減少している現在、買うっていうひとが増える可能性は低いので今後も下降線をたどるというのは予想できます。なので、売り時は今になります。

 

宇和島市の不動産査定で損しない方法

ここまでで、宇和島市の価格推移を見てきて今が売り時ということがわかりました。今後も人口が減少していることから不動産を買いたい人が増えないため下がる可能性が高いからです。

 

なので、もし今不動産を査定しようと思っているのであれば急いだほうがいいです。少しずつ、少しずつ下がっていっていますので、売却しようかな?って思ったときが一番相場的には高くなります。

 

もちろん、不動産を査定しようと思ったときにしなければならないのは冒頭でお伝えした複数の業者に査定(見積もり)をしてもらうことです。それが最も簡単でかつ高く売れる方法です。

 

宇和島市不動産査定してもらうなら、時期は今がいい。そして、複数の業者に見積もりをお願いするようにしましょう。そうすることで、損しない売却が可能になるのです。

利用者数トップの一括査定はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です