相続税が払えないので不動産売却を急いでいるあなたへ!

このページは、びっくりするほど高くて相続税が払えないというあなたが不動産売却を考えている場合にどうすればいいのかについてお伝えしています。

 

相続税が払えないから不動産を売却するというケースは本当に注意が必要なので、しっかりとこのページを確認するようにしてくださいね。まず、相続税の支払い期限についてはもうすでに知っているかもしれませんが、被相続人が亡くなってから10ヶ月が期限になっています。

 

日本人は、49日の法要を済ませるまではそういった話をあまりしないことが多いので、残りの期間は8か月しかありません。そのため、バタバタになるのです。そこにつけ込むのが不動産屋といっても過言ではありません。

 

不動産が売却できなければ相続税が払えないという売主の気持ちを知っているためそこにつけ込みます。また、あなたもじっくりと腰を据えて不動産売却に取り組むというよりは、条件が悪くなってもいいから相続税の期限までに売却したい。その気持ちを優先することになります。

 

税務署は待ってくれません。納税が遅れれば消費者金融並の延滞金を払わなければならないように法令で決まっています。しかも、不動産については登記があるので誤魔化しようがありません。それを知っている不動産屋の方が立場が圧倒的に強いのが実態です。

 

不動産業者に足元をみられないためにすること

そこで、海千山千の不動産業者につけ込まれないためにどのようなことをすればいいのかについていくつかお伝えしたいと思います。まず、納税期限までは10ヶ月しかありません。

 

もっというと、49日までは話合いしないので期間は8ヶ月になります。相続人の間で話合いなどをする時間があるので、納税期間まではさらに短くなります。

 

不動産業者がそこで思うことは、低価格で買取るチャンスと考えています。そういったことを想定して、対応していきます。もっともいい手順から順番にお伝えします。

①金融機関に納税資金を借りる。

②複数の不動産会社にお願いする。

③不動産業者には、金融機関から借りようと思っていると伝える。

④高く売れそうにない場合は物納を検討し税務署と相談する。

 

金融機関に納税資金を借りる

まず、最もいい方法というのは金融機関(銀行)からお金を借りることです。抵当権がついていないようであれば、不動産を担保に入れてもいいでしょう。一番大事なことは、不動産の売却をゆったりするということです。

 

利子がいくらかはついたとしても、税務署に支払いが遅れるよりも10倍以上ましな金利で借りれます。しかも、ゆっくり売却活動をすることで数百万円高く売れるようになる可能性があります。いつまでにという期限があるから、不動産業者は強気で安く買いたたこうとします。

 

営業担当の対応はそんな素振りをまったく見せませんが、彼らはその道のプロです。相続のように期限が切られている物件こそ最も安く買いたたくチャンスです。

 

その罠にはまらないために、売却に余裕をもつために納税資金を借りるという選択をとるのが最もいい方法だといえます。そうすることで不動産業者から足元をみられなくなります。

 

複数の不動産会社にお願いする

不動産の売却で足元を見られたリ、買いたたかれたりするのには理由があります。それは、専任媒介契約をしてしまっているということです。専任媒介契約というのは、その不動産屋さんだけが買い主を見つけれる契約手法です。

 

これは、不動産業者が売主と買い主の両方から仲介手数料をもらうためにこの契約をします。業者はいろんな理由をつけて、専任媒介契約を結ぼうとします。しかし、それがなかなか売れなくなる原因の一つです。

 

広く売却を考えるのであれば、一般媒介契約を結ぶようにしましょう。一般媒介契約にすれば、買い主をほかの不動産業者が見つけてくれるようになります。そのため、早く売るためには一般媒介契約にするようにしましょう。

 

間違っても、早くお金が入ってくるからという理由で業者に買い取ってもらうのはやめましょう。業者買取になると、少なく見積もっても30%以上は安く買われます。損せず高値で売るには、一般媒介契約が一番いいです。

 

なので、複数の不動産業者に買い主を探してもらうためにも一般媒介契約をするようにしましょう。また、高く売却するためには最初に複数の業者から見積もりをもらった方がより高い値段で売れる可能性が高くなります。なので、まずは下記で複数の業者から査定をとりましょう。

複数の不動産業者からの見積もりならコチラ

 

不動産屋に、金融機関に借りようと思っているという

これは、不動産屋にあなたが足元をみられないために期限が延長される可能性もあることを伝えるのです。そうすることで、不動産業者の思い通りにできると思わせない効果があります。

 

そもそも売却理由というのは、本来不動産業者に話す必要のないことです。しかし、ついつい事情を事細かく話をしてしまい不動産業者の術中にはまってしまいます。

 

不動産屋は、信頼できるパートナーに見えてそうではない可能性が多分にあります。それは、名前のある大手であっても同じことです。そのために、くさびを打っておくことが必要になってくるのです。

 

高く売れない場合は物納を検討し税務署と相談

相続税がどうしても払えない場合は、物納という方法があります。これは、あなたからの申し出がなくてはできないものになりますが、実際に不動産が高く売れない。相続税を納める余裕がない。

 

そうなった場合は、不動産を国に納めるというのを検討しておくのも一つの方法になります。複数の不動産業者が売ろうとしても、売れない場合は一度税務署に相談にいってみてもいいと思います。

 

相続税は高くなっているけど、売れない不動産というのは多いものです。そういった場合には、無理に売却を考えるのではなく物納で相続税の金額を減らしてもらうという方法ととった方がよい場合もあります。なので、絶対売ると考えないことも大事です。

 

不動産売却を急いでいるあなたへのまとめ

びっくりするような金額で、相続税が払えない。そんなあなたが不動産売却をする際にできることについてお伝えしました。もし、金融機関にお金が借りられなかったとしても、借りようと思っていることを不動産屋にいうこと。

 

そして、相続税の納税がどうしても難しいという場合は、物納も視野に入れながら税務署に相談という話も必要になってきます。

 

また、このステップの中で必ずやってほしいことを一つ上げるとするのであれば、複数の不動産屋が動いてくれるように、一般媒介契約をするということが重要になってきます。

 

少しでも高く売れるようにするために、一般媒介契約をすること。そして、複数の不動産業者から見積もりをとることの重要性についてもお伝えしました。まずは、下記から複数の見積もりとりましょう。

300万人利用の安心無料査定はコチラ
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です