西条市の不動産査定で損しない方法

このページは、愛媛県西条市不動産査定で損しない方法についてお伝えしていきます。特にはじめて不動産売却をするあなたを対象にしています。不動産の売却は、不動産屋のみ知るブラックボックスが多い。

何度も不動産を売却する人なら大丈夫なのですが、ほとんどの人は家や土地を売るなんてことは人生で1回か2回しかない出来事です。そのため、売り主は知らず知らずのうちに損していることが多いのです。

 

それは、田舎になればなるほどその傾向はあります。不動産屋とのつながりが田舎ほどあるからです。しかし、今はかつての不動産取引とは異なり簡単に損せずに売却する方法というのが存在します。

それは、地方でもかなり使われるようになっているインターネット上のサービスです。それを利用することで、たくさんの不動産業者から見積もりを取ることができ適正な価格であなたの大事な資産となる家や土地を売れるようになるのです。

複数の不動産屋で見積もりする理由

かつての不動産業界は、複数の会社から見積もりをとるのはタブーでした。それは、お客さんが他の不動産屋にとられてしまうからです。その傾向は田舎ほど強くありました。

そのため、愛媛県西条市では現在もその傾向が残っています。1社の不動産屋にお願いするのです。しかし、この不動産屋の作り出した常識はすでに崩壊しつつあります。

 

それは、スマホの普及のためです。損をしていることを多くの売主がインターネットにより気付きはじめたのです。1社だけの査定だと、その会社の金額で売り出されるので売り主はそれが高いのか安いのかわからない。

実際に自分の家がどれくらいで売れるのかという相場がわからないまま売却していたので、良い不動産業者にあたればよいですが悪い不動産屋に当たれば最悪です。

 

数百万円損をするなんてことは当たり前にある世界です。しかし、以前は1社だけだったので損をしているかどうかさえわからないまま売却されていたのです。

そんな不動産業者優位から売り主が大切に扱ってきた不動産を適正に査定(見積もり)してくれるサービスが、インターネット上で行う不動産の一括査定サイトというものになります。

 

複数の不動産屋があなたの不動産の価格を査定してくれて、その中であなたが選んだ不動産屋にお願いするのです。不動産もそうですが、物というものは競争して初めて値段が上がります。

これまでは1社だけで競争していなかったものが、複数で競争するようになったためにより高く売れるようになったのです。その結果として、500万円以上差がつくなんてことがよく起きるのです。

 

あなたは、500万円の価格差があっても1社だけの業者にお願いするでしょうか。不動産業者に行ってからでは絶対に教えてくれないことですが、自宅にいながら簡単に高く売れる方法があるのです。

西条市の価格相場

このページでは、西条市の不動産をはじめて売却するのに損しないということをテーマに記事を書いています。ここまでで、複数の業者で競争させることが大切だという話をしました。

しかし、不動産の売却で損しないためにはもう一つ大事なことがあります。それは、売却するタイミングです。今が高値圏にいるのか。それとも底値圏に推移しているのかによって、タイミングが異なってきます。

 

例えば、将来国道11号線を広げるために国が土地を買ってくれるっていうのがわかっていれば、あなたはすぐに売らないでしょう。それは、高く売れることがわかっているからです。

売るタイミングというのはそれぐらい大事なことであり、大きな影響をもたらすことがあります。2020年に行われる予定であった東京オリンピックが延期されました。

 

そして、私たちが生まれてきてから経験したこともないようなコロナショックが起きています。そのため、都心の不動産の価格でも、オリンピック前の値上がりから厳しい状況に変化してきています。

そこで、ここでは愛媛県西条市の不動産の価格についてみて地価から見ていきたいと思います。それらを踏まえて売るタイミングを考えていきましょう。

 

愛媛県西条市の現在の平均地価は、坪単価10.9万円㎡単価3.3万円になっています。これは、愛媛県内では松山市新居浜市、四国中央市よりも低くなっています。

今治市より高くなっているのはやや驚きですが、新居浜市、西条市、今治市でだいたい同じぐらいの価格になっています。今治市は、島があるのでその分の平均を下げています。

 

全国的に見ると、市町村の中で561位になっています。そんな西条市の中で、最も高い地域が大町になります。玉フジがある付近から西条駅近辺が高くなっています。

次いで新田、神拝、周布と続いています。周布については、壬生川駅の近辺になります。合併後に西条市になった地域としては、数少ない高値の地域になります。西条市の5位までところはコチラです。

 

地域 ㎡/万円 坪/万円

大町

10.1

33.4

新田

7.1

23.6

神拝

5.8

19.1

周布

5.6

18.6

明屋敷

5.6

18.6

大町については、すごく広いので一つにまとめて最も高い価格を掲載しています。西条市については、西条駅の近いところが高くなります。

周布は壬生川駅の近くでイレギュラーですが、感覚としては西条駅から1キロ以内の不動産だと高値での売却が期待できるでしょう。

 

ただ、今の価格を見ても今後どのように推移するのか。売り時はいつになるのかというのがわかりません。なので、次に価格の推移を見ていくことにしましょう。

西条市の価格相場の推移

西条市の現在の価格というのがざっくりわかりましたね。平均地価で、坪単価10.9万円・㎡単価3.3万円になっています。これは、愛媛県で3位だということをお伝えしてきました。

では、不動産の価格がどのように推移しているのかを見ましょう。推移をしっかりと把握しないと今が値下がりしているのか。それとも値上がりしている途中なのかがわかりません。

 

それがわからないと、いつ売るべきタイミングなのかというのが見えてきません。売り時を判断するために、価格推移を見ていきますね。

 

 

 

年数 ㎡/万円 坪/万円

2005

5.2

17.2

2006

5.0

16.5

2007

4.8

15.8

2008

4.6

15.3

2009

4.7

15.7

2010

4.6

15.1

2011

4.4

14.5

2012

4.4

14.4

2013

4.2

14.0

2014

4.1

13.7

2015

4.4

14.5

2016

4.1

13.7

2017

4.1

13.4

2018

4.0

13.2

2019

4.0

13.3

2020

3.9

13.1

西条市の公示価格の推移は、右肩下がりの状況が続いています。じわじわ下げてきて、価格は10年前で坪単価2万円ぐらい下がってきています。

これを見て、あなたはどう感じますか?そろそろ上がり始めるのではないかと思いますか?残念ながら、予想としては、上がることはないように思います。

 

確かに、西条市にはアサヒビールやパナソニックがあるため人口は大きな減少はしていません。しかし、人口はちょうど不動産価格と同じように徐々に減っていってます。

人口が減ってしますと、不動産価格はまず上がらない。購入者が増えないと価格は下がっていくしかないのです。しかも、2020年に発生した新型コロナウイルスです。

 

飲食店やアパレル関係の倒産が相次ぎ、店舗は空室が増えています。そのため、もう一段の大きな下落になることはほぼ間違いないでしょう。そのため、西条市については今が売り時になります。

 

これ以上どんどん下がる前に売りましょう。もちろん、ずっと住み続けようと思う土地や家を売る必要は一切ありません。相続などで譲り受けた土地や家。

離婚して売ろうかどうか迷っているのであれば、今売った方が損しない。そういう意味で、売ろうかなって思っているのであれば、今は売り時になります。

西条市の不動産売却で損しない方法

西条市で不動産の売却を検討しているのであれば、下がり続ける前に売却するべきです。まさに、今が売り時の状況です。しかし、いきなり不動産屋に行くのはNGです。

自分の家や土地の価格相場をしっかりと知ったうえで不動産屋に行かないと損をしてしまいます。おそらく、売ろうかなって思っているあなたは、不動産を購入した業者で売却しようかな?と思っているでしょう。

 

それ自体は間違っていません。しかし、大事なことはあなたの家や土地がどれくらいの価格で売れるのか知ってから行くということです。1社だけの不動産業者にお願いすると、損をする可能性があるからです。

しっかりと、あなたの不動産の売却相場を知ったうえで、購入したところに相談にいくようにしましょう。それが西条市という地域で不動産売却するために損しない方法になります。

 

あなたの不動産の相場を知るならコチラから請求してください。無料で、複数の業者があなたの不動産査定をしてくれます。

利用者数トップの一括査定はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です