足立区の一軒家売却で損しないでください!

このページは、東京都足立区一軒家を売却を検討しようかなと思っているあなたのために、損せずに一軒家売却できる方法についてお伝えしています。そのため、足立区で一軒家の売却をしようかな?

 

将来的に売却しようと思っているあなたに読んでいただければ満足していただけるコンテンツであることをお約束いたします。不動産の売却は専門性が高く、一部の人を除いてはほとんどの人が失敗しています。

 

あなたが失敗しないために、足立区で一軒家の売却で損してしまう大事な点。現在の足立区の不動産相場についてもあわせてお伝えしています。

 

足立区は、東京23区の中では埼玉県よりということもあって価格が落ち着いているところです。しかし、それでも東京の23区なのでかなり高い不動産価格になります。大きく損をしないようにしっかりと確認していきましょう。

損しない無料査定はコチラ

すまいValue

2320

マンション売却のプロ6社の査定

足立区の不動産相場

足立区については、東京都の中で北に位置し埼玉県川口市と接している地域になります。面積が広いこともあり、人口は67万人を超える大きな区になります。

 

ただし、昼間人口については、53万人程度になりますから足立区で仕事をするのではなく違うところに出ていく人口の方が多いということが言えますね。

 

東京23区の北区、荒川区、葛飾区に面してい位置します。不動産の相場は、足立区の地価平均で坪単価109.4万円。1㎡33.1万円となっています。

 

東京23区の中で比較するとかなり低い価格になっていますが、坪単価100万円を超える地域は全国的にみるとすごく高い地域になります。全国1732市町村の中で33位という高さは決して安くないでしょう。

 

足立区の中で最も高い地域は、北千住で坪単価202.4万円1㎡61.2万円と高額です。それに次いで、千住大橋、綾瀬、 王子神谷の順番で高額です。下記に足立区の高いところを5位まであげていますのでご確認ください。

 

地域 ㎡/万円 坪/万円

北千住

61.2

202.4

千住大橋

46.7

154.4

綾瀬

41.4

136.9

王子神谷

35.9

118.7

亀有

34.4

113.9

このように見ると、やはり台東区や荒川区に近い千住の地域が高値になっていますね。都心に近くなるほど高いという証拠だと思います。坪単価で200万円を超えてきている北千住の駅付近の地域であると、やはり売れやすいということが言えるでしょう。

 

ただ、足立区の北千住は治安が悪いというイメージがつよくあるようなので場所によってはなかなか売れないということも考えられるでしょう。そうは言っても、東京23区の中で一軒家率が4番目(1位・葛飾区、2位・台東区、3位・荒川区)に高いのが足立区です。

 

おおよこ50%の人が一軒家に住んでいるという統計に国勢調査ではなっています。なので、決して住みにくい、売却できないという街ではなく、東京の昔ながらの下町を残しつつ年月がたってきた地域ということが言えると思います。

 

足立区の価格相場の推移

一軒家率が高く、坪単価も平均で100万円を超してきている地域ですので今後の推移がどうなっていくのかというのが気になるところですね。いつ売るタイミングなのかを判断するには、推移を見てみないとなかなか予想がつけづらいです。だから、足立区の不動産価格の推移をみていきましょう。

 

年数 ㎡/万円 坪/万円

2005

27.9

92.2

2006

29.3

97.1

2007

33.2

110.0

2008

35.4

117.2

2009

34.2

113.2

2010

33.4

110.6

2011

33.1

109.5

2012

33.1

109.7

2013

33.1

109.6

2014

33.5

110.7

2015

33.8

112.0

2016

33.1

109.4

足立区の推移を見てみると、リーマンショック前の2008年を頂点にして少し下がってほぼ変わらず推移しています。2015年に少しだけ、上がっています2016年も下がっていますのでほぼもとにもどったということができると思います。

 

これは、千代田区中央区渋谷区といった東京の中でも都心に分類されるようなところと傾向が異なりますね。近い感じのところは葛飾区になりますね。価格の推移帯もほぼ同じですし、2008年を頂点に少し下がって横ばいといったとこはほぼ同じです。

 

なので、足立区の一軒家についても慌てて売却する必要はないかなと思います。おそらく、2020年に開催されるオリンピックまでに大きく上昇といったこともない。

 

逆に、大きく下落ということもないというのが足立区の不動産価格の推移になっていくと思われます。なので、じっくりと売却活動をしていくべきですね。

 

足立区一軒家売却で損しない方法

足立区の一軒家の売却は、決して急ぐ必要はないことをお伝えしました。おそらく、オリンピックのバブルがはじけたとしてもそう影響を受けない。そんな土地になるのではないかと予想します。

 

それぐらい上がりもせず下がりもせずの状態が続いています。しかし、このページでは足立区の一軒家を売却しようと思っている人が読んでいると思います。そのため、今すぐ売却したい場合はするべきだと思いますし、ゆっくりと検討してもいい。

 

どちらでも大丈夫な地域になると思います。一つだけ注意点があるとすると、もしあなたが急いで売却したいと思っていたとしてもその状況を不動産屋さんに察知されないようにすることだけは売却の上で必須です。

 

不動産売却で損をする、高く売れない一番の原因はゆっくりと時間をかけれないことです。急いでいることが不動産屋さんに悟られると足元をみられてしまいます。そうなると、売れずに不動産屋さんが買取をしたりするので相場よりも30%も安く買いたたかれたなどといったことが起きてしまいます。

 

そのように大きく損をしないためには、急いでいることを悟られないこと。そして、複数の不動産屋に売却の見積もりをすることが最も損をしにくいパターンになります。

 

なので、下記のような不動産の一括査定サイトであなたの一軒家を査定してもらうようにしましょう。それだけで、1000万円以上売却価格がかわってきたりしますので必須ですよ。

売却専門の複数見積もりはコチラ

すまいValue

2320

足立区の一軒家無料査定はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です