任意売却物件を継続で買うなら引越し代は必須なの?

今回は、任意売却で物件を買う際の引越し代についてお伝えしていきます。任意売却で不動産を買う際に格安で買えることが多いです。

一方で、債務者(ローンを払っている人・居住者)はローンが払えない状況なので、引越し代もないというケースがほとんどです。

 

そこで、今回は任意売却で不動産を購入する際の引越し代について具体的に考えていきたいと思います。

引越し代は強制ではない

引越し代は、本来、買い主が払う必要がないものです。売り主の引越し代まで払いたくないというのが買い主の心理としてあるかもしれません。

しかし、任意売却物件で利益を得るのであれば、ほぼ必須といってもいいと思います。任場業者さんは、買い主に引越し代をだしてもらう予定でいます。

 

不動産を格安で購入できますので、引越し代をだしてほしいと任売業者は考えます。任売をすすめるうえで、売り主が気にするのは引越し代が出せないというところです。

引越し代を出す費用がないから、家から移動できないという人が多くいます。そのために、任売業者さんは、引越し代をあらかじめ予定しておくのです。

 

なので、引越し代は強制されるべきものではありませんが、今後の任売業者さんとの取引を考えると出さなければならないものと認識してください。

引越し代の費用はいくら?

引越し代については、地域によっても若干異なるかもしれません。荷物の量によっても変化すると思いますが、私の住む地域では20万円~30万円が相場です。

引越し代を50万円とか60万円とかって、請求されるのであれば30万円までなら出せますがそれ以上は厳しいとしっかりと交渉しましょう。

 

売り主や任売業者の言うことを全部聞く必要はありません。ただ、まったくださないという選択肢は、今後の取引に影響します。

なので、買い主としては最初の段階で引越し代は●●円だすということを任売業者に伝えておくとよいでしょう。

 

任意売却というのは、基本的に3方よしの取引にしなければ成立しません。売り手は、引越し費用が捻出できて、新しい生活ができる。

買い手は、不動産を安く買える。債権者は、焦げ付いた債権を不動産で早くかなりの部分を回収できる。この3つがないと成立しない取引です。

 

任売で継続して物件を買うのであれば、この3方だけでなく任売業者にも利益を出すという姿勢が重要になってきます。

債務者(ローンを支払っている人)が任意売却に応じなければ、任意売却は成立しません。そのために、引越し代は必須であるということは知っておきましょう。

競売の引越し代は?

任意売却では、引越し代は買い主にとってほぼ必須であることをお伝えしてきました。では、任意売却と比較されることの多い競売はどうでしょうか。

実は、任意売却だけでなく競売もほとんどのケースで引越し代が出ています。競売にかかる人も同じように、引越し代を求めてきます。

 

なので、競売に落札した転売業者は最初から引越し費用を予算に計上しています。競売は、強制執行して出ていってもらうことは可能です。

しかし、強制執行すると裁判所が使う引越し業者からお金を請求されます。法律の建付けでは、それを前の居住者に請求できることになっています。

 

ただ、実際には出て行った方はお金がないので請求しても支払ってもらうことが難しい。そうであれば、最初から引越し代を用意しておくのです。

そして、家から出ていってもらう際に「●●までに立ち退いていただけたら、引越し費用を××円支払います。ただ、引越し代は今日だけのものです。」

 

こう言えば、その日に90%以上の居住者は契約書にサインします。競売業者さんもそのことを知っていますので、こんな形で穏便に出ていってもらいます。

これは、強制執行になるともっと費用がもっとかかる可能性があることを知っているからです。なので、任意売却と同じように競売も引越し代を落札者が用意しているのが実情です。

まとめ

今回は、任意売却の買い主は引越し代を予定しておくべきということをお伝えしました。これは、競売でも同じで、基本的に予算に入れておくことが大事になってきます。

だいたい、引越し代の目安は20万円~30万円です。もちろん、地域によっても異なりますがご自身で費用を決めて最初から任売業者と打ち合わせしておきましょう。

 

任意売却がうまくいまとまるためには、引越し代というのは非常に大きなポイントになります。買い主として「払わなくてもいいものでしょ?」と考えないことが重要です。

債務者(居住者)がローンを払えないという不幸をもとに、安く不動産を購入できるのが任意売却です。そのことを決して忘れないというのが重要になります。

 

3方よしの状況をつくりだすために、引越し代は予算に入れておきましょう。そして、任売業者と継続的に取引を考えるのであれば必須のものだと考えておきましょう。

任売物件を継続して購入したいあなたはコチラにご登録ください。特典として、「今、任売物件の買い方を学ぶ3つの理由」の動画をプレゼントしています。

任売物件情報(全国対応)はコチラ

 

あなたにおススメのページ

任意売却と競売の価格差はどれくらいあるの?
任意売却で差押え登記後の物件を買う方法
任意売却物件はなぜ検索でてこないのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です