スルガ銀行の任意売却は今後大きなチャンス!

今回は、スルガ銀行任意売却についてお伝えしたいと思います。スルガ銀行の任意売却は、今から数年間、投資家としてかなり大きなチャンスになります。

なので、この記事でどんな行動をとっていけばいいのか。スルガ銀行の任意売却を購入するために、必要なことをお伝えしていきます。

スルガは高値掴みが多い

スルガ銀行の不正融資問題は、不動産に関係する人なら誰でもご存知だと思います。金融庁から業務改善命令がでるなど業界で大きな問題になりました。

また、スルガ銀行の金利は他の銀行にはない高さです。だからこそ、不動産投資家にとってスルガ銀行の任意売却に大きなチャンスがあります。

 

こんな感じで、任意売却になる物件というのは私の住む愛媛県という地方でも最近ちょこちょことと出てきています。

 

スルガ銀行の任意売却は、同じ所有者が保有する物件が同時に出てくるという特徴があります。別の物件もスルガ銀行が抵当権者です。。

この登記簿の2つも、同じタイミングで別のスルガ銀行の物件が債権譲渡されていました。なので、複数の物件で返済が滞ってきていることがわかります。

 

ただ、任意売却だからといって安く買いたたけるかというとそう簡単ではありません。スルガ銀行で借入をしている人の多くは、収支がうまくあわない物件を高値つかみしています。

そのため、残債の問題を抱えています。任売物件は、残債〇〇%で買えるという記事で書きましたがだいたい残債の80%あれば債権者は任意売却に同意してくれます。

 

しかし、抵当権の借入れ金額を見ると元々、そんな高値で買ったら賃貸経営として厳しいのは明らかな金額で買ってしまっています。

なので、残債の80%で購入してもおいしい物件にならない傾向があります。今回の2つの登記簿もそうですし、他の2件の物件もそうでした。

 

元々、高値掴みしていることから残債が残るので「スルガ銀行」は任意売却に厳しい金融機関という位置づけをされています。

今後増えるスルガ案件

スルガ銀行だけの問題ではありませんが2017年、2018年ぐらいの時期に買った投資用の1棟ものというのは高値掴みしているものが多いです。

銀行がどんどんお金を貸してくれていたので、属性が決して高くない人でもアパート1棟を買える人が多かったです。

 

しかし、現在は結果的にそのころに買った物件が投資家を苦しめているというのが不動産投資市場になっています。

もちろん、しっかり収支計算してキャッシュフローを出している人も多くいます。その一方で、その時期は誰でもお金が借りれたので高値掴みしてしまっている人も多くいます。

 

そうなると、いざ売却しようとしても売るに売れません。今は、投資用不動産の借入れは一昔前に比べると相当厳しくなっています。

そのため、2017年ぐらいに購入した人は売れる価格も購入時より高くなることがなく安くなっています。特に金利が高いスルガ銀行は、少しの空室で立ち行かなくなることが多いです。

 

そして、売却しようとしても購入時より安くなっていますので、売るに売れません。そのため、これから5年ぐらいの間に多く任意売却になる案件が増えることが予想されます。

特に、スルガ銀行の任意売却は増えると思います。他の金融機関より高い金利をとっていますので、立ち行かなくなるのは一番最初です。

なかにはお宝物件も?

スルガ銀行から借入れしている物件は、基本的にはあまりいいとは言えないです。なぜなら、金利は通常、安い方から高い方に流れるからです。

簡単に言うと、安い金利のところで借りれない物件をスルガ銀行で借りていると考えればわかりやすいと思います。

 

とはいえ、10件に1件ぐらいよさそうな物件も出てきます。そういった物件を安く手にするためにはいち早くスルガ銀行の任売物件情報を手に入れなければなりません。

住宅支援機構や地方銀行などとは異なり、任売業者もスルガ銀行の任売案件は金融機関から情報をもらっていません。

 

そのため、私が取得している情報がもっともはやい任売物件情報だと思います。私の知っている限り、任売業者も知らいない情報源から取得しています。

なので、スルガ銀行の任意売却は債務者を除きもっとも早い情報と言ってよいと思います。もし、スルガ銀行の任意売却情報をいち早く知りたい。

 

任売業者よりも情報を早く獲得して、任売物件を購入したいのであればコチラにご登録ください。「今、任売物件の買い方を学ぶ3つの理由」(動画)をプレゼント中です。

任売物件情報を継続的にとるならコチラ

 

あなたにおススメのページ

アパートの任意売却物件はどうすれば買える?
任売物件を継続で買うなら引越し代は必須?
任意売却で差押え登記後の物件を買う方法
任売物件は残債の〇〇%で購入できるの?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です