任意売却物件の内覧/重要な3つのポイント

今回は、任意売却物件の内覧について重要な3つのポイントをお伝えしています。そもそも、任意売却の物件を購入する際に、内覧が可能なのか?それとも内覧はできないのか?

そんな疑問がネット上には、あふれています。答えからいうと、任意売却の物件を購入しようとするときに内覧は可能です。もちろん、債務者(居住者)の都合のよい日に合わせての内覧になります。

競売は内覧できない

任意売却物件に内覧できるのかという疑問があるのは、競売が内覧できないためです。競売物件を落札しようとすると、内覧をすることはできません。

裁判所のホームページ「BIT」にある3点セットで写真を見ることしかできません。

 

写真については、かなり細かく載せてくれていることが多いですが、写真だけではリフォーム費用が正確に見積もれないという欠点が競売にはあります。

競売の場合は、その点を許容したうえで、大雑把にリフォーム費用を概算して入札していくことになります。

 

そのため、競売やリフォームに慣れていない人の場合、予想以上にリフォーム費用がかかり、利益を圧迫することがあります。

内覧の重要な3つのポイント

競売物件に対して、任意売却は物件の内覧が可能です。内覧が可能なことで、任意売却には3つのポイントが競売より有利に働きます。

ここからは、任意売却の内覧が競売よりなぜ有利になるのか。内覧で何を確かめるのか。重要なポイントを3つお伝えしていきます。

リフォーム費用が算出できる

任意売却の場合は内覧ができるため、リフォーム費用がほぼ正確に算出することができます。これは、内覧時にリフォーム業者と一緒に同行するのです。

そうすることで、競売では落札するまで大まかにしか計算することができないリフォーム費用が内覧の時点でわかります。

 

内覧の段階でリフォーム業者が同行してくれるのか。経験が少ない方はそんなことを思うかもしれません。

しかし、任意売却の内覧は、買うことがほぼ決まっている物件の内覧です。そのため、業者は一緒に来てくれます。これは、任売物件の大きな優位性です。

買取査定が正確にできる

そもそも、任売物件の購入をなぜ私がおススメしているのか。それは、購入と同時に利益が確定している。そんなことを実現できるのが任意売却だからです。

インターネットビジネスに詳しいかたならご存知だと思いますが、無在庫転売を不動産のような大きな金額で実現できる。それが任意売却です。

 

そのキモとなる自分が買う任売物件がいくらで売れるのか。これが内覧によって確実のものとなります。これは、リフォーム業者に同行をしてもらうのと同じで買取業者にも同行してもらいます。

買取り業者の正確な査定は、内覧しないとできないと言われますので、一緒に同行してもらって、ほぼ正確な金額を確認するようにしています。

 

買取価格より安い金額で、任売物件を買えれば利益はすでに確定です。買う前に利益が確定するわけです。わかりにくいかもしれないので、例を出します。

購入と同時に利益確定

買取査定 2000万円

購入価格 1800万円

任意売却で物件を購入するとこういったことは、当たり前のようにあります。逆に言えば、購入価格が買取査定の金額を超えるようだと物件の購入をしません。

そうすることで、転売で損をするリスクを100%排除することができます。なぜなら、買取業者より安い価格で購入さえできれば、それをそのまま売ることができるからです。

内覧で価格改定がある

任意売却物件の内覧の3つめのポイントは、価格を減額できることがあるということです。基本的に、内覧に行く段階では債権者との金額はほぼ決まっています。

ただ、実際に物件をみると明らかにリフォームが必要な個所などが出てくることがあります。MAXで1800万円と決まっていたとすると、そこから少しずつ減額してもらう。

 

そのために、写真をとったりリフォーム業者の見積もりをつけたりして、減額をお願いします。それを不動産業者にお願いします。

このあたりのところは、任売業者さんにあらかじめ話しておけばスムーズにいきます。少しでも安くしてもらうために、リフォーム業者と一緒に行くという目的もあります。

 

任売業者と提携するリフォーム会社と自分は、何もいうことなくスムーズに流れていきます。

任売物件の内覧まとめ

任意売却で内覧することの重要なポイントをご理解いただけましたでしょうか。内覧では、リフォーム費用がどれくらいかかるのか。

あるいは、買取査定がいくらになるのか。価格が少し安くなるようなポイントはないか。大きくわけて、この3つを見極めるために内覧に行きます。

 

これが任売売却内覧の目的で、最も重要なポイントになるでしょう。もし、任売物件を今後買っていきたい。

任売物件の情報が継続的に欲しいというあなたは、コチラにご登録ください。今なら、プレゼントで「今、任売物件の買い方を学ぶ3つの理由」動画を差し上げます。

任売物件の情報を継続的に受け取るならコチラ

 

あなたにおススメのページ

任意売却物件はなぜ検索でてこないのか?
任売物件を買うなら競売を必ずチェックしよう
任売物件の指値が通りやすいタイミングとは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です